現場レポート&ニュース

阪急の空家サポートで阪急阪神沿線の空き家問題が解決?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日も小田急電鉄の沿線の空き家問題に対する解決方針を紹介しましたが、今回は阪急阪神沿線の空き家問題に対する阪急不動産株式会社の取り組みである「阪急の空家サポート」について紹介したいと思います。

この阪急の空家サポートは、9月16日から始まったもので主に阪急阪神の沿線の空き家問題を解決・解消するための取り組みです。阪急電鉄や阪神電鉄ではなく、グループ会社の阪急不動産が積極的に参入することで阪急グループとしての資産価値の向上を目指しているようです。

このサービスの特徴の1つが、東阪急ビルディング内に相談窓口を設けて実際に直接相談できる場所があるという点です。しかもこれから紹介する全てのことに対応できる相談窓口なので、あちこちウロウロと探し回らなくて良いという特徴があります。

阪急の空家サポートが行うサービスは全部で5つ

  • 空き家管理サービス
  • 売却・賃貸管理の相談
  • リフォーム・リノベーションの相談
  • 民泊による利活用に関する相談
  • その他(植木の剪定や駐車場への土地転用など)

と、現在行っている阪急不動産のサービスを全てこの阪急の空家サポートでは対応してもらうことができるというわけです。それにより阪急阪神沿線の空き家問題を解決し、沿線の資産価値の低下を抑制し、魅力的な街づくりを行うことを目的にしています。

実際にこの空き家管理サービスに参加する企業は

  • 阪急不動産
  • 綜合警備保障株式会社
  • 株式会社百戦錬磨
  • 阪神園芸株式会社
  • 阪急阪神ビルマネジメント株式会社
  • 他グループ会社

という非常に大きな枠組みで行っていくことが決まっていますので、阪急阪神沿線の人で空き家問題を抱えていたり、これからそうなりそうな人は一度相談に行ってみるのも良いと思います。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より...
  2. 2018年6月15日に施行される民泊新法。
  3. 国土交通省が、今後10年の住宅政策の指針として、新たな「住生活基本計画(全国計画)」を閣議決定...
  4. 4月1日になり、環境が変わられた方も多いと思います。
  5. 2017年10月25日から施行され、すでに半年以上が経過した改正住宅セーフティネット法ですが、...
  6. 既存住宅の活用、空き家の活用など中古住宅に対する様々なニーズや用途の洗い出しが国交省主導でどん...
  7. 東京大田区で民泊条例の制定がかなり前向きに進んでいますね。
  8. 大阪府住宅供給公社のリノベーション物件でも人気の「ニコイチ」と「リノベ55」のオープンルームが...
  9. UR都市機構が、日本最大級のファッションイベントの神戸コレクションとのコラボ企画を発表。
  10. スタイルアクト株式会社が運営する「住まいサーフィン」で、2018年版お買い得な駅ランキングが発...