現場レポート&ニュース

中古住宅の成約価格算出サービスが活用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上げたいと考えていますが、それでも欧米の70〜80%の数値には足元にも及びません。

欧米の中古住宅の流通量が多いのは、中古住宅でも資産価値があるからという理由があります。逆を言えば日本の住宅の場合買った瞬間に値下がっているので、全く状況が違うという現実がありますが、この先人口減少が当然の課題として残っていますし、空き家問題もありますので、国家的にもしっかりと取り組まなければならないもんです。

先日ソニー不動産は、「不動産価格推定エンジン」という独自のアルゴリズムで不動産の成約価格を算出できる仕組みを開発しました。これは学習機能付きのシステムで毎週市場価格を調査しその都度更新、しかもその成約価格の推定精度は世界最高水準というものです。

この不動産価格推定エンジンはあくまでも業者向けのサービスですが、一般向けにもHOME'Sが「HOME'Sプライスマップ」という中古住宅の成約推定価格を算出するサービスを今月中にも関西圏から展開する予定になっています。

このように住宅の価値が見える化することで市場の活性化を目指すわけですが、既にアメリカでは、「Zillow」というサービスがネット上で稼働しており、一定の成果をあげているようなので、日本でも同様の効果が考えられます。

中古住宅への情報量が不動産業者と消費者の間でバランスが取れてくることで、不動産市場にありがちな情報の不均衡がなくなり、消費者もより購入しやすい環境になることが想定されていますが、この辺りは実際に動いてみてどうなるのか?という部分でもありますので、少し様子を見てみたいと思います。

いずれにしても皆さんにとって、中古住宅が少し身近なものになるということは業界の発展の為にも大切なことであると考えています。機会がありましたら、ご自宅の価値を調べてみてはいかがでしょうか?

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経済通産省が2020年までに工務店等が作る新築戸建住宅の半数のZEH化を目標に掲げていますが、...
  2. 国土交通省が全国の空き家情報を集約して空き家の活用法を円滑に行えるような仕組み作りを前向きに検...
  3. 国土交通省がH30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」の改定、「家主向けDIY型賃貸借...
  4. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。
  5. 首都圏不動産公正取引協議会がおとり広告を掲載していた42業者に対して、広告掲載の取りやめを要請...
  6. イケア・ジャパンの新サービスである「IKEA Place」が10月16日から開始されてい...
  7. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  8. 東京都大田区の民泊特区での認定第一号が決定しました。
  9. 2010年施行の、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を活用する為に、地域の工務店...
  10. 2018年6月15日に施行される民泊新法。