建築資金エスクローシステム
KEN NETWORK エスクロー フロー 流れ 

エスクローとは、代金支払いの際にあえて第三者を介在させることで、より安全・安心できる取引を可能にする仕組みです。保証機構の完成保証が利用できれば関係のない話かもしれませんが、保証機構の完成保証をご利用頂けない工務店様もいらっしゃると思います。その際には、KEN NETWORKのエスクローサービスをご利用ください。

ネットオークションの場合を例にとって、簡単に説明してみましょう!
・なぜエスクローが利用されるのか
・エスクローを使うとどのようなメリットがあるのか

KEN NETWORK エスクローサービス イメージ
このようにエスクローを活用することで、お互いの取引の安全性を確保することが可能になります。

・買い手にとっては、代金を支払ったのにもかかわらず、製品が納品されなかったり、納品されても不良品であったり、というリスクを避けることができます。
・売り手にとっては、取引実績のない相手の与信を気にすることなく、取引に応じることが可能になります。

エスクローのメリットを注文住宅の新築やリフォームにおいて活用できるようにしたのが、建築資金エスクローシステムです。こちらは、一般社団法人 安心・安全住宅供給協議会様からご提供頂いているサービスになります。工事請負契約を弊社指定の会社と御社、そして施主様と行うことで、万が一の際にも、弊社指定会社が工務店様に代わり施工を続けることができ、施主様には、安心してご自宅の建築依頼を行なっていただくことが出来ます。

家を建てようとしている人が、工事代金を工務店に直接支払うのではなく、一旦、エスクロー機関(このシステムでは山田エスクロー信託株式会社)に預け、工事の進捗に応じて代金が工務店に少しずつ支払われるしくみです。

この仕組みだと、工事進捗度に対して代金を多く支払う(過払い)状態になることがありません。このため、工務店が途中で倒産しても、工事が進んでいない分の代金は依然としてエスクロー機関に残っています。工事を引き継いで、続けてくれる業者が見つかりさえすれば、残った代金を使って住宅を完成させることが可能になります

つまり施主様には、安心してご自宅の建築依頼を行なっていただくことが出来るわけです。保険料も保証内容も保証機構とほぼ変わらない条件ですので、施主様にとってもメリットがあり、工務店様にとってもデメリットは一切無いものと考えています。施主様によっても、どこまでの安心を求めるかは異なると思いますが、低額で保証機構同様の保証が受けられるのであれば、メリットは十分に高いと考えています。

エスクローサービスをお使い頂く場合には、事前にお見積りの内容を確認させて頂くなど少しお手間はおかけ致しますが、しっかりと保証させて頂きますので、ご安心ください。

 

ピックアップ記事

  1. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  2. 全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が以前に発刊していた「住まいの購入ガイ...
  3. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...