現場レポート&ニュース

ラーメンフレームへのお問い合わせが増えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に有難いことで、ここ最近ラーメンフレームへのお問い合わせが増えています。なぜラーメンフレームが良いのかは自画自賛になってしまいますので、何とも書きにくいところですが…。

先日も同業の方とふと話題になったことがありますので、そのお話を少しここでしたいと思います。

その方の知人で、ある分野に特化して建築を行っている会社さんの話なのですが、その会社さんは私たちとは違って、鉄骨造を軸に販売されているのだとか。

なぜ鉄骨造なのかと言えば、長期的な視点からだそうです。

リフォームも視野に入れて最初から設計しているんです。この考え方には、私たちも賛同します。なぜかと言えば、やはり家族構成も住環境も中長期では、変わることが自然だからです。

考えてみてください。
少子高齢化社会とは言え、戸建てを夫婦だけで住む方は、あまりいらっしゃいませんよね?

お子様の件もありますし、ご両親の介護に関する問題も出て来るかもしれません。もしかしたら、お家をリフォームして賃貸に出したい等の考えに至るかもしれません。

その際に通常の木造住宅だったらどうなるのか?

これ凄く単純で、水回りや柱の変更が非常に大変なのです。お家の基礎から全てが、その間取りのために作られるのです。つまり汎用性が非常に低いということができます。

例えば、ラーメンフレームを使ったスケルトンインフィル仕様にすることで、柱も壁も水回りの位置の変更さえも簡単にできる様になるのです。他にも2階建ての戸建てを、半分ずつ居住用と賃貸用に分けたりも非常に簡単にできるのです。

お子様が巣立って、不要になったご自宅のスペースを有効活用するだけではなく、賃貸収入という老後の安心を手にすることもできる様になります。

逆に当初は半分を店舗として活用して、老後にリフォームし、ゆったりと生活していくなんていうこともできます。店舗スペースを賃貸に出せば、そこからの収益もありますし、ご自身で商売を行うなんていうことも簡単にできるのです。

将来的なリフォームを念頭においた設計を行うことで、様々なリスクを回避することができますし、リフォームにより資産価値を高めることもできるのです。100年住宅というのは、なかなか難しい話ですが、ご自宅という非常に高い買い物で損をしてもらいたくない、そういった視点は持ち続けなければと考えています。

鉄骨造も良いですが、固定資産税等を考えると、木造の方が施主様へのメリットは高いので、KEN NETWORKとしては、木造住宅のラーメンフレームに特化していきたいと思います。

ラーメンフレームを使うことで開口部を大きく広く取ることができる様になり、2台並列の駐車場を1階部分に作成したり、耐力壁が不要なので、カフェや店舗ではガラス張りにするなど、多様なデザインの木造住宅を建築することができます。

ラーメンフレームを使うことで、生み出される価値について、是非一度考えてみてください。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先週は台風21号が日本を縦断し、北海道では「平成30年北海道胆振東部地震」が起こり、日本中の様...
  2. 経済通産省が2020年までに工務店等が作る新築戸建住宅の半数のZEH化を目標に掲げていますが、...
  3. 大阪府議会で民泊条例が成立しましたので、これで大田区と並んで大阪のホテル不足が解消されると良い...
  4. 欧州を中心に世界的にインテリア業界や医療現場で普及が進んでいるデジタルプリント壁紙。
  5. 2016年11月に取りまとめを行った、自由民主党の中古住宅市場活性化小委員会の8つの提言を知っ...
  6. 国土交通省が「第3回国土審議会土地政策分科会特別部会」で、所有者が不明になっている土地に対する...
  7. 賃貸併用住宅という言葉をご存知でしょうか?一言で言えば、ご自宅を建てる際に賃貸部分と居住部分を...
  8. 国土交通省がH30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」の改定、「家主向けDIY型賃貸借...
  9. 日本のZEHも徐々に見えてきました。
  10. 国土交通省が2017年の地価公示を発表し、住宅地は9年ぶりの下げ止まり(0.022%上昇)と状...