現場レポート&ニュース

よこはま団地再生コンソーシアムで団地再生の仕組みが変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県横浜市が、全国初の取り組みとして、昨年12月に発表したのが「よこはま団地再生コンソーシアム」。

これは高経年団地が急増している横浜市が主体となっている取り組み。

行政、公的な住宅供給事業者、金融機関が緊密に連携することで、これからの団地再生の仕組みを大幅に改善しようというもの。

  • 建物の老朽化
  • 深刻な超高齢化
  • 地域活動の担い手不足の対応
  • 多世代居住の推進

など、高経年団地が抱える問題をそれぞれの分野の専門家が蜜に連携することで、改善していこうという試みです。

実際に参加するのはこの6つの団体。

  • 神奈川県
  • 横浜市
  • 神奈川県住宅供給公社
  • 横浜市住宅供給公社
  • 独立行政法人住宅金融支援機構
  • 独立行政法人都市再生機構

すでに計画されているワーキング内容として、

ソフト面では、

  1. 若年層の流⼊(多世代居住、住替え⽀援等)
  2. ⾼齢者⽀援(⾒守り活動、活動⽀援等)
  3. ⼦育て⽀援(保育サポート、コミュニティ形成サポート等)

ハード面では、

  1. 拠点整備(交流、⼦育て⽀援、⽣活⽀援拠点等)
  2. バリアフリー等の建物改修、建替え⽀援
  3. 建物改修、建替えに係る⾦融⽀援、財政⽀援

これらのことを6者が連携して進めることで、これまででは解決できなかった問題の改善を目指すもの。

横浜市には、すでに45年以上経過した高経年団地が45100戸もあり、10年後には約3倍の147100戸、40年後には約15倍の710500戸になる予想も。

この現状と予想が今回の「よこはま団地再生コンソーシアム」を生み出す一番の要因になりました。

実際に運用開始後、間もないこともありまだまだ大きな成果は上がっていませんが、公的機関が提供する高経年団地の改善に対する、新しい仕組みのひとつになるのかもしれませんね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 安倍政権の新・三本の矢の発表の中で、「三世代同居・近居」の推進が指示されたことを受けて国土交通...
  2. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...
  3. 内閣府が行った「防災に関する世論調査」の結果から、住まいの耐震診断を51.5%もの家庭で実施し...
  4. プレミアム既存住宅という言葉を知っていますが、現在はまだ仮称ですが国土交通省が目指す中古戸建て...
  5. 国交省の社会資本整備審議会・住宅宅地分科会が進めている新制度の「セーフティーネット住宅」の基本...
  6. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  7. 2010年に制定された公共建築物等木材利用促進法の目的達成を目指し、2020年までに木造率3割...
  8. 東洋経済新報社が全国814都市を対象にして、毎年公表している「住みよさランキング」の近畿地方版...
  9. 少し前から金融庁がアパートローンの加熱融資をめぐり、地方銀行の監視を強化していたことが話題にな...
  10. 先日、リクルートホールディングスが発表した2017年の住まいのトレンドキーワードが「リビ充家族...