現場レポート&ニュース

マンション管理業者立ち入り検査で64社に国交省が是正指導!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年行われている国交省による「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」を守っているのかというマンション管理業者に対する全国一斉の立入検査。

2016年10月から3ヶ月間かけて行われた全国一斉の立入検査の報告が、先日発表されました。

現在のマンション管理業者の登録数は2,131社(平成28年度末現在)、マンションのストック戸数が約634万戸(平成28年末現在)と非常に多い状況。

平成28年度の立入検査は、全国の141社(前年135社)、是正指導の対象になったのは64社(前年51社)と指導率は45.4%(前年37.8%)若干の増加傾向。

過去5年間の平均値は42.3%なので、平成28年度に急増したというわけではありませんが、若干増加傾向であることは否めない状況。

今回も立入検査でチェックしたのは、例年と同じ5項目

  1. 管理業務主任者の設置
  2. 重要事項説明
  3. 契約成立時の書面交付
  4. 財産の分別管理
  5. 管理事務の報告

実際の是正指導状況を紹介すると、

  • 管理業務主任者の設置(第56条関係)→1社( 1社)
  • 重要事項の説明等(第72条関係)→51社(28社)
  • 契約の成立時の書面の交付(第73条関係)→29社(25社)
  • 財産の分別管理(第76条関係)→21社( 3社)
  •  管理事務の報告(第77条関係)→20社(20社)

 
※( )書きは平成21年5月の省令改正による制度改正に係る違反を除いたもので、未だに省令改正による制度改正への理解不足が続いている状況が垣間見える結果に。

指導内容を昨年の傾向と比較すると、「管理事務の報告」と「管理業務主任者の設置」は減少したものの、それが以外の項目では上昇。

今回の立入検査で是正指導を行った会社には、一般社団法人マンション管理業協会の会員も含まれていることから、適正化法違反が蔓延している状況が改善されていないことも浮き彫りに。

違反業者に対しては、再度、立入検査や法令遵守の指導、モニタリングを継続する方向だということですが、実際にどこまで改善されるのかを考えると、まだ時間がかかるのかもしれませんね。

出典:国土交通省HP http://www.mlit.go.jp/

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017年10月25日から施行され、すでに半年以上が経過した改正住宅セーフティネット法ですが、...
  2. 住宅購入者の都市伝説のひとつに「家を買うと転勤になる」という噂があります。
  3. 中古住宅市場の活性化に向けた、「8つの提言」をご存知でしょうか?これは今年の5月に自由民主党の...
  4. 民泊仲介サイトでも世界最王手のAirbnb(エアビーアンドビー)に対して、公正取引委員会が立ち...
  5. 2019年のゴールデンウィークは、10連休という人も多いのではないでしょうか?...
  6. 野村総研が2030年の住宅市況に関する予測を発表しましたが、その際に対策として発表したのが、「...
  7. 経済通産省が2020年までに工務店等が作る新築戸建住宅の半数のZEH化を目標に掲げていますが、...
  8. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  9. 金融庁が金融機関と住宅メーカーに対して、急増するアパートローンに警鐘を行っています。
  10. 先週に引き続き、 「住まいサーフィン」が行った2018年版お買い得な駅ランキングの首都圏圏版の...