現場レポート&ニュース

空き家の仲介報酬制度の見直しか?全宅連の伊藤会長が会見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家問題が、将来的な様々なリスク要因であることが認知されていますが、空き家が増える原因のひとつに仲介手数料の問題があります。

日本で宅地建物取引業法が制定されたのは、昭和27年の話で、昭和45年に現在の基準で運用されるようになり、そこから一度も変更されていません。

その結果、地方都市に増えている低額な空き家に関して、不動産会社が積極的に取り扱うことが出来ない要因のひとつに。

しかも、業法改正でインスペクションに関する情報提供などが重要事項説明に加わったことをきっかけに、低額物件の仲介手数料では、事業者が赤字になってしまうケースも想定されています。

さらに賃貸で貸出する際にも、借り手優位な状況が続き、借り主から本来の手数料をもらうことが出来ないこともあり、不動産会社としても積極的に取扱いにくい状況。

だからこそ、報酬制度の見直しという話になるのですが、実際に今の報酬制度がどうなっているのか?と言えば、

  • 200万円以下の金額:100分の5
  • 200万円を超え400万円以下の金額:100分の4
  • 400万円を超える金額:100分の3

仲介手数料は一般的に物件価格×3%+6万円×1.08となり、

300万円の物件では、15.12万円(片方から受け取る報酬)
両方でも30.24万円という金額にしかなりません。

買い主からすれば少しでも安い方が良い手数料ですが、これでは不動産会社が積極的に取扱いたくない原因になります。

もし物件価格が5000万円を超えるなら、同じ作業を行っても片方から168.48万円ももらえますので、どちらを積極的に扱いたいのか?というのはわかりますよね?

それが低価格の空き家を増やす要因のひとつだと考えることも出来、今回の全宅連の伊藤会長の発言にもつながっているわけです。

いずれにしても、どうなるのかはまだわかっていませんが、全宅連の伊藤会長の会見内容を見る限り、手数料の変更に合わせ、不動産取引に関する税制をシンプルにすることも目指しているようです。

そうすることで、低価格な地方の空き家の流動性が少しでも高まれば、良い結果に繋がることも考えられますので、どうなるのかを期待して待ちたいと思います。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先日も小田急電鉄の沿線の空き家問題に対する解決方針を紹介しましたが、今回は阪急阪神沿線の空き家...
  2. 2017年10月25日から施行され、すでに半年以上が経過した改正住宅セーフティネット法ですが、...
  3. CCRCという言葉をご存知でしょうか? CCRCとはContinuing Care Ret...
  4. ついに大阪にも株式会社 百戦錬磨の民泊施設が登場することに。
  5. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  6. 2013年に政府の策定した「待機児童解消加速プラン」における50万人分の保育の受け皿の確保達成...
  7. 政府は10月25日の閣議で国家戦略特区内の民泊について、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2...
  8. アメリカでは日本より早い段階(2008年)に公表しており、2020年までに全ての新築住宅をZE...
  9. 住宅購入者の都市伝説のひとつに「家を買うと転勤になる」という噂があります。
  10. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...