現場レポート&ニュース

おとり広告で広告停止1ヶ月以上、違反業者に対する実際の効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を探した経験がある人なら、一度は目撃したことがあるはずなおとり広告。

おとり広告に対する、首都圏不動産公正取引協議会の罰則が運用されるようになりましたね。

実際にどんな罰則規定があるかと言えば、部会メンバーが運営する不動産ポータルサイトへの広告掲載を1月間以上停止するというもの。

以前から罰金(違約金課徴収益)はありましたが、それだけではおとり広告を撲滅することができなかったことで、今回の罰則規定導入となっています。

首都圏だけだったものが、今年の8月以降は近畿圏でも導入されることが決定しました。

ちなみに現在参加している不動産ポータルサイトは、

  • at home
  • CHINTAI
  • HOME'S
  • マイナビ賃貸
  • SUUMO

という5社だけです。

だからそれ以外の不動産ポータルサイトでは、おとり広告がまだまだ掲載されている可能性も。

実際に私の知人が、賃貸物件を探している時に、とあるサイトでは他のサイトに載っていない物件が何度も掲載され、不動産屋で確認したところすでに満室とのこと。

おとり広告の完全撲滅というのは難しい話です。

元々、そういったことを行うような中小の賃貸業者は、大手ポータルサイトに出稿するだけの広告費がないことも。

様々な状況がありますが、近畿圏の物件に関しても、8月以降はさらに厳しくなるとだけ覚えておくと良いと思います。

これは賃貸物件を探している人にとっては、おとり広告に引っかからずに済むというメリットがありますが、罰則が甘いような気もしますよね。

たった1ヶ月の広告出稿の停止くらいなら、それ以上に利益を上げればよいのでは?と考える業者もいるかもしれません。

いずれにしても、おとり広告は不動産業界全体でどうにかしなければならない問題。

完全ではなくとも、こういった動きが加速することが大切なのだと思います。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産業者が契約済の物件や架空物件の情報を掲載している「ネットおとり広告」が相変わらず横行して...
  2. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  3. 街の不動産やさんや、インターネットなどに不動産情報をチェックした時に、明らかに安い値段で物件を...
  4. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  5. 首都圏不動産公正取引協議会がおとり広告を掲載していた42業者に対して、広告掲載の取りやめを要請...
  6. 国土交通省が2016年版の公示地価を発表しました。
  7. 4月16日に発生した熊本地震、震度7が2回だけではなく震度5弱以上が15回以上も起こり、現時点...
  8. 国交省が主体になり新たな住宅セーフティーネットとして最近流行りのシェアハウスを活用しようという...
  9. 不動産見積もりサイトの「スマイスター」を利用した20代以上の全国の男女に行った不動産業者に対す...
  10. これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威か...