現場レポート&ニュース

住みたい街ランキング2019 関西版【SUUMO調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リクルート住まいカンパニーが2019年も行った住みたい街ランキング関西版の結果が公表されました。

数多くの業者が行っている住みたい街ランキング。

SUUMOの調査結果では昨年とどのような変化があったのか、気になる住みたい街ランキング2019年関西版の詳細を紹介します。

関西住みたい街(駅)ランキング

1位:西宮北口(昨年1位)
2位:梅田(昨年2位)
3位:神戸三宮(昨年3位)
4位:なんば(昨年4位)
5位:夙川(昨年6位)
6位:岡本(昨年8位)
7位:京都(昨年11位)
8位:天王寺(昨7位)
9位:江坂(昨年9位)
10位:千里中央(昨年5位)

上位4位までの住みたい街(駅)は昨年と同じ結果で、人気の地域が引き続き同じような傾向が続いていることがわかります。

トップ10位の圏外から唯一ランクインしたのは京都府で、10位圏外に飛ばされたのは、滋賀県の草津駅。

20代、30代は、西宮北口・梅田・神戸三宮・なんば・天王寺・江坂を支持する人が多く、40代になると夙川・岡本を支持する人が増える傾向があります。

一人暮らしの男性は梅田やなんばを支持し、一人暮らしの女性は神戸三宮や天王寺を指示する人が多く、子育て世代は夙川・岡本・千里中央などの自然の多い地域を選ぶ傾向が強いことがわかっています。

ちなみに穴場だと思う駅ランキングでは、

1位:尼崎(昨年1位)
2位:江坂(昨年7位)
3位:塚口(昨年1位)
3位:草津(昨年13位)
5位:西宮北口(昨年なし)
6位:大国町(昨年なし)
7位:東三国(昨年4位)
7位:大津(昨3位)
9位:梅田(昨年5位)
9位:伊丹(昨年10位)

という結果になっており、こちらでも相変わらず尼崎に注目が集まっていることがわかります。

尼崎駅は再開発が進んでいる割には、まだまだファミリー層の家賃に割安感があるので、今後も穴場だと思う人が減らないと思います。

関西に住むなら、西宮北口、梅田、神戸三宮、なんばのいずれかの駅を選んでおけば、しばらくは失敗や後悔をしなくて済むのかもしれませんね。

出典:株式会社リクルート住まいカンパニー

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 団地リノベーションといえば、大阪府住宅供給公社の物件を紹介することが多いですが、神戸でも興味深...
  2. 大和ハウスに住友林業、積水化学工業と相次いでハウスメーカーが高齢者住宅の運営に積極的に参入し始...
  3. 不動産見積もりサイトの「スマイスター」を利用した20代以上の全国の男女に行った不動産業者に対す...
  4. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...
  5. 国土交通省が行った「平成30年度マンション総合調査結果」の結果、マンションへの永住意識が過去最...
  6. 国土交通省が2017年1月1日現在の全国の建築物ストック統計を、8月31日に公表しました。
  7. 現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上...
  8. 経産省がZEHビルダー登録制度の導入を行い、ZEH物件の本格的な普及を目指すこと、ZEHビルダ...
  9. 不動産物件所有オーナーの民泊離れが進んでいることが、アンケートの結果でも顕著に現れていることが...
  10. 初期費用ゼロ物件が増えていますが、大阪府住宅供給公社でも従来よりもさらに一歩踏み込んだ機関保障...