現場レポート&ニュース

レオパレス21が界壁の未設置で建築基準法違反と指摘される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レオパレス21といえば、アパートのサブリースで有名になった賃貸アパート大手のひとつですが、界壁の未設置で建築基準法を準拠していない時期があったことがわかりました。

レオパレス伝説とも言われる、「隣の部屋の音が聞こえる現象」は界壁の未設置による音漏れの可能性もあり、都市伝説ではなかったことが確認されたという状況です。

今回の指摘のきっかけになったのは、2018年3月29日と4月17日に、2人の物件オーナーから「行政が発行した確認通知書の内容と、実際の建物に相違がある」と指摘があったこと。

それを元に調査を行なったところ、1996年~2009年に建てられた「ゴールドレジデンス」など6ブランドのアパートで不備を確認。

さらに1994年~1995年に「ゴールドネイル」、「ニューゴールドネイル」ブランドでも不備があることが確認されており、現在すべてのアパート3万7853棟について調査を行う旨を発表しています。

界壁の設置・補修は「1枚あたり15万円」の費用がかかりますが、それをレオパレス21が負担。

さらに改修工事中の引っ越しに伴う費用負担などもレオパレス21側が負担することを発表しています。

すでに検査が終わった物件での不備発生率を元に算出すると、2642棟ほども改修対象になると想定されており、補修総額だけでも15億8520万円にもなることがわかっています。

かなり高額な費用負担となりますが、これは致し方ないこと。

立て続けにシェアハウス運営会社が倒産し、レオパレス21でも建築不備があったということで、不動産オーナーには衝撃が走っていますよね。

良い面も悪い面もある不動産投資。

実際に行う際には信頼性の高いところで、自分である程度リスクコントロールができる方法を選ぶ必要があるということを今回の件でも考えさせられましたね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 欧州を中心に世界的にインテリア業界や医療現場で普及が進んでいるデジタルプリント壁紙。
  2. アメリカでは日本より早い段階(2008年)に公表しており、2020年までに全ての新築住宅をZE...
  3. 国土交通省がH30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」の改定、「家主向けDIY型賃貸借...
  4. 政府は9月9日に行われた国家戦略特区諮問会議で、国家戦略特区限定としながらも一般住宅に旅行客を...
  5. 野村総研が2030年の住宅市況に関する予測を発表しましたが、その際に対策として発表したのが、「...
  6. 大阪府住宅供給公社といえば、DIY賃貸住宅の「団地カスタマイズ」を発表したり、ニコイチのリノベ...
  7. 全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が以前に発刊していた「住まいの購入ガイ...
  8. 中古マンションやヴィンテージマンションに対するリノベーション需要が高まり、現在新規参入や相次ぐ...
  9. 経産省がZEHビルダー登録制度の導入を行い、ZEH物件の本格的な普及を目指すこと、ZEHビルダ...
  10. 先日、リクルートホールディングスが発表した2017年の住まいのトレンドキーワードが「リビ充家族...