現場レポート&ニュース

日本人の住宅種別平均自宅取得年齢とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、持ち家派なのか?賃貸派なのか?どっちが多いのか?という話題になったので、少し調べてみました。
国交省の住宅市場動向調査(平成24年度版)の結果を見てみると…。初めて住宅を購入する方の年齢は30歳代が最も多くなっています。

30代になると子供ができたり収入が安定したり、様々な事情によって、住宅購入に踏み切る人が多いのかとも感じますが…

住宅購入種別毎にみると、一概にもそう言えないようです。中古重役の需要は、40代〜50代が最も多く、より実需に沿った形での市況が形成されているようにも見えます。

若いうちは、都心部に近い家や、おしゃれな自宅を選ぶ傾向が強いという側面もあるように思いますし、人生を考えた時により耐久年数のある新築を好むというのもひとつの状況であるのだと思います。

参考までに住宅種別でのデータがありますので、見てみましょう。

◆分譲住宅(建売住宅や分譲マンション)
  平均年齢:36.8歳

30歳未満 12.7%
30歳代 58.2%
40歳代 21.9% 
50歳代 3.7%
60歳代 2.2%

注文住宅
  平均年齢:40.2歳

30歳未満 8.8%
30歳代 52.7%
40歳代 21.1% 
50歳代 7.9%
60歳代 8.7%

中古住宅
  平均年齢:40.3歳 

30歳未満 10.6%
30歳代 41.9%
40歳代 33.3% 
50歳代 8.1%
60歳代 6.1%

こうやって数値化してみると、面白いですよね。ただ40才から35年ローンを組むとかなり支払いが厳しくなることも考えられますので、その辺は上手くやられているのだと思います。

そう言えば、先日全く別のアンケートの結果でありましたが、20代が考える住宅購入の年収は、500万円以上というのがありました。現在の平均年収が、400万円前半であることを考えると、20代で考えている状況と、現実の乖離に悩みつつも住宅購入に踏み切っている人が多いのが実情なのでしょうね。

高齢者だけではなく、専門職の人材の地方への移住なども国が考えているようなので、この先も40〜50代の中古住宅購入の流れは続くのかもしれませんね。

いずれにしましても、不動産市況が活発になることは、この業界に身をおく私たちとしては、有難いことです。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016年度の税制改正大綱が決定し、住宅関連の目玉は何と言っても、「空き家に係る譲渡所得の特別...
  2. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  3. 共働き世帯にとって、子育てしたすい街に住むかどうかということは非常に大きな課題だと思います。
  4. 2018年6月15日に施行される民泊新法。
  5. これからラーメン店をオープンさせたい、脱サラして本気でラーメンの道に打ち込んでみたいという人向...
  6. 平成13年から行われている住宅リフォーム推進協議会による「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動...
  7. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...
  8. ついに大阪にも株式会社 百戦錬磨の民泊施設が登場することに。
  9. 経産省がZEHビルダー登録制度の導入を行い、ZEH物件の本格的な普及を目指すこと、ZEHビルダ...
  10. 住宅購入者の都市伝説のひとつに「家を買うと転勤になる」という噂があります。