現場レポート&ニュース

民泊新法施行の影響で不動産オーナーの民泊離れが進んでいる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産物件所有オーナーの民泊離れが進んでいることが、アンケートの結果でも顕著に現れていることが確認されました。

今回のアンケート調査を行ったのは、不動産投資で生活を豊かにするサイトの不動産投資スクエアサイトを運営する、株式会社クレアスライフ

不動産投資オーナーと非不動産投資オーナー363名にアンケートを実施。


その結果、民泊に貸し出したいと思わないのは、

  • 不動産オーナーで77%
  • 非不動産オーナーで60%

実際に不動産物件を持っていなくても、6割以上もの人が民泊に対して否定的な考えを持っていることがわかりました。

民泊離れが進んだ理由には、

  • 他の部屋の居住者に迷惑をかけそう。
  • ややこしい問題点が発生する危険が増すため。
  • 住んでいる周りが非常に迷惑。
  • 現状では民泊のイメージが世間的にあまり良くない。
  • 他の居住者に迷惑がかかる可能性がありお金だけで考えられない。
  • 物件が荒れるイメージがあるため。
  • 運営管理面で問題が多そう。

など、これまでTVやメディアなどで特集されていたりもする民泊の負の側面の方に注目が集まっていることが確認されました。

民泊新法が施行されたことで、『180日の稼働ではマネタイズができない』という意見も出るなど、不動産オーナーは否定的な人が多い様子。

日本人の民泊に対するイメージが悪いのか、自分が旅行で民泊物件を使用したいのかという質問に対しても、

  • 不動産オーナーで66%
  • 非不動産オーナーで60%

もの人が使いたいと思わないと回答。

民泊に対する不安な側面もありますが、旅行という非日常空間ではホテルの魅力の方がまだまだ勝っていることも確認されました。

インバウンド需要を取り込もうという流れと、民泊新法の影響で民泊離れが進んでいる現状の乖離。

民泊新法の条件緩和の話も早速協議されていますが、まだまだ日本人には民泊という仕組みが馴染まないということなのかもしれませんね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...
  2. リクルート住まいカンパニーが3ヶ月毎に行っている「住まいの買いどき感」調査の6月度の結果が発表...
  3. 国土交通省が公表した、「平成29年度国土交通白書」でわかったことは、大都市圏に住む20代の若者...
  4. じぶんの地盤アプリや地盤サポートマップのアプリ版が話題になっているのを知っていますか?このふた...
  5. 多層階住宅という言葉はご存知でしょうか?二世帯住宅や賃貸、店舗・事務所用途などオーナーの意向を...
  6. 毎月12日はわんにゃんの日にちなんで行われたペットの飼育状況、不動産の見積り比較サイトである「...
  7. 前回もお伝えしましたが、再建築不可物件まで投資対象が広がってきました。
  8. 戸建てやマンションなど、住宅の形は違えど、そこに対する不満は増加傾向にあり、特にお子さんが小さ...
  9. 国土交通省が2017年1月1日現在の全国の建築物ストック統計を、8月31日に公表しました。
  10. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...