現場レポート&ニュース

じぶんの地盤アプリと地盤サポートマップアプリが人気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じぶんの地盤アプリや地盤サポートマップのアプリ版が話題になっているのを知っていますか?このふたつのアプリは、地盤の強さを知ることができる防災向きのアイテムです。

じぶんの地盤アプリとは、地盤ネットホールディングス株式会社の子会社である地盤ネット総合研究所株式会社が作ったアプリ。

専門知識が必要なく、現在地の地盤リスクを点数で誰でも簡単に知ることができるサービスとして、App StoreとGoogle Playにて無料提供されています。

実際に現在地付近の300mがどんな地盤情報なのかを知ることができるアプリで、リリースから半年で10万ユーザーを突破した人気のアプリ。

AR技術を活用した先進的なもので、カメラの向きで足元、100m、300mと3段階の地盤の強さをスコアで確認できます。

先日、ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017で金賞(企業・産業部門)を受賞したことでも業界内外からの評価の高さが分かります。

地盤サポートマップとは、ジャパンホームシールド株式会社という地盤調査・解析実績130万棟を誇る会社が作ったアプリで、3月8日に提供開始された最新の地盤アプリ。

気になる土地の地耐力などの地盤情報や、自然災害のリスク、近隣の避難所の位置や学区といった生活情報を、スマートフォンで簡単に調べることができるので、震災時にも役立ちます。

先日、「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で紹介されたことで、サイトにアクセスできなくなるなど、ここ数日で一気に利用者が増えている状況です。

このようなアプリが不動産業界だけではなく、一般の人に活用されるというのは、非常にうれしい状況だと思いませんか。

じぶんの地盤アプリでは、実はJIBANGOO(ジバングー)という不動産サイトと連携して、「来るべき災害に備え、家族の幸せを守るための家探し」を支援するプログラムも。

住宅選びに安全な場所という視点が加わることで、新たな魅力の開拓にも繋がる。そういった意味でも、こういったアプリの与える影響は大きいですね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上...
  2. 東京都といえば、持ち家率が低い都道府県として有名で、総務局統計局が行った「平成25年住宅・土地...
  3. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  4. CBREが海外投資家による日本への不動産投資、国内投資家による海外への不動産投資に関する情報を...
  5. 先日行われたのが「OYO LIFE」を提供する「OYOビッグセール」という新築物件に入居したい...
  6. 日銀によるマイナス金利が導入され、住宅ローンにも様々な影響が出てきました。
  7. 2016年3月に閣議決定された新住生活基本計画での目標である「住宅の確保に特に配慮を要するもの...
  8. 2018年に大きな問題になった【引っ越し難民】というフレーズを覚えていますか?...
  9. 先日国交省が発表した「賃貸住宅管理業者登録制度の改正」が9月1日より施行されているが実際にサブ...
  10. 大阪府住宅供給公社といえば、DIY賃貸住宅の「団地カスタマイズ」を発表したり、ニコイチのリノベ...