現場レポート&ニュース

かざして検索でホームズの不動産アプリ&お部屋探しが変わる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産情報サイトの「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULL(ライフル)がAR技術を採用して、お部屋探しを大きく変えます。

スマートフォンアプリの「LIFULL HOME'S」にARを活用した新機能である「かざして検索」を追加することを発表。

iOS版は2018年5月24日(木)から提供を開始し、Android版は6月中旬リリース予定。

何が変わるのか?

スマホのカメラに映っているマンションやアパートを判断して、空き部屋やうち物件の情報を表示させることができるようになります。

街を散策していて、この物件気になるな〜。

と思った時に、かざして検索を使えば、あっという間に空室があるかがわかり、好みの住環境に違い物件の検索ができるようになるんです。


これまでもLIFULL HOME'Sのアプリ内には、

住所や最寄駅を指定して絞り込む検索方法や、地図検索モードで物件を探す方法がありましたが、かざして検索なら本当に気になる物件の最新情報を手軽にチェック可能。

かざして検索の機能概要は…

  • 対象種別: 居住用賃貸物件、新築分譲マンション、中古マンション
  • 対象エリア: 全国
  • 対象物件数: 約1,000,000件
  • 対応機種: iOS 11以上、ARKit対応端末(Android版は6月中旬リリース予定)

「かざして検索」を可能にした技術は、LIFULL(ライフル)独自のもので、現在特許出願中だそうです。

アプリのダウンロードは、

https://itunes.apple.com/jp/app/id342650611

こちらのURLから行うことができますので、興味のあるiphoneユーザーの方は今すぐにチェックしてみてください。

*アンドロイド版は6月中旬まで待ちましょう。

スマホの位置情報を活用し、AIに建物の外観画像を学習させることで認識率を高めています。

特に戸建てとアパートの判定は難しく、学習させる画像データ数を増やすことで、対処しているそうです。

同じ建物内に複数の空室がある場合でも、同時に表示することができるので、特定の部屋だけではなく、その物件内で住みたい部屋を自分で選ぶことも可能。

少し前からVR内見が流行っていますが、

ホームズはARで空室情報を得て、VR内見を行うということも近い将来にできるようになり、より自分にあった部屋なのかを簡単にチェックすることができるかもしれませんね。

参照:https://lifull.com/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000033058.html

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地盤ネット株式会社という日本全国の地盤調査を行い、データ化している会社があるのを知っていますか...
  2. 団地リノベーションといえば、大阪府住宅供給公社の物件を紹介することが多いですが、神戸でも興味深...
  3. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  4. プレミアム既存住宅という言葉を知っていますが、現在はまだ仮称ですが国土交通省が目指す中古戸建て...
  5. 民間の賃貸住宅や空室を活用することで話題になった準公営住宅制度が、10月25日から始動しました...
  6. 先日、公益財団法人 マンション管理センターによって行われたアンケート結果が公開され、なんと96...
  7. 分譲マンションでは当たり前の従前積立金ですが、一戸建て住宅ではそういった取り組みを行っている人...
  8. レオパレス21といえば、アパートのサブリースで有名になった賃貸アパート大手のひとつですが、界壁...
  9. 定期借地権を利用した住宅建築と言えば、戸建て需要がメインで行われてきましたが、ここ数年は定期借...
  10. 金融庁が金融機関と住宅メーカーに対して、急増するアパートローンに警鐘を行っています。