現場レポート&ニュース

セブンイレブンが民泊チェックイン機「フロントデスク24」を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ大手のセブンイレブンが民泊事業に参加。

民泊の合法な手続きを定めた住宅宿泊事業法(民泊法)の施行に合わせて、セブンイレブンとJTBが連携し、「セブンチェックイン機」を導入することを発表。

開始予定日は2018年6月15日で、サービス名称は、「フロントデスク24」(英文名称:Convenience Front Desk 24)。

「セブンチェックイン機」を使用することで、24時間365日民泊のチェックインが簡単に可能にできるようになります。

宿泊施設に物件オーナーが同居していない家主不在型の民泊施設でも、「セブンチェックイン機」を利用することでガイドラインに即した形で運用可能に。

JTBが運営する受付センターが遠隔で内容を確認。

セブンチェックイン機の端末に設置されているカメラでパスポート写真や本人の顔写真を撮影し、タッチパネルで氏名や住所などを入力。

チェックインに問題がなければ、端末の保管箱を開いて鍵を渡す仕組みのために、効率的なチェックイン業務が可能に。

民泊宿泊後は、端末に鍵を返却することで一連のチェックイン&チェックアウト業務をアウトソーシングすることができます。

民泊法が施行されると、違法物件の取り締まりが強化されますので、その際に業務の受け口になることは間違いないでしょう。

ゲストのチェックイン時のトラブル対応についても、24時間対応の多言語対応可能なコールセンターを設置することで、しっかりサポート。

現時点の計画では、2018年10月までに桃居都内の50店舗での展開を予定。

また、2018年の実証データを検証した上で2020年度までに全国1000店舗での導入&運用を目指しているそうです。

これまでもセブンイレブンは、全店規模での無料Wi-Fi「セブンスポット」の設置。

多言語対応のセブン銀行ATMの設置や、一部店舗での免税サービス対応を実施するなどインバウンド消費を吸収する取り組みがありましたので、今回の「セブンチェックイン機」もその一環だと言えるでしょう。

参照:セブンイレブン

民泊法の施行でチェックイン業務のアウトソーシング先に頭を悩ませていたひとは、セブンイレブンに問い合わせて見ると良いと思いますよ。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中古住宅市場の活性化に向けた、「8つの提言」をご存知でしょうか?これは今年の5月に自由民主党の...
  2. 戸建てやマンションなど、住宅の形は違えど、そこに対する不満は増加傾向にあり、特にお子さんが小さ...
  3. 首都圏不動産公正取引協議会がおとり広告を掲載していた42業者に対して、広告掲載の取りやめを要請...
  4. コンビニ大手のセブンイレブンが民泊事業に参加。
  5. 日本工業新聞 取材 ラーメンフレーム
    実はKEN NETWORKのラーメンフレームですが、平成16年に日本工業新聞の取材を受けていた...
  6. 毎年3月末から4月上旬にかけては引越しのピークを迎え、大学生や社会人になることで新生活を始める...
  7. 2016年4月の熊本地震をきっかけに、新耐震住宅でも耐震性能の確認が必要だという見解が強くな...
  8. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  9. 先日、投資用マンションの販売や管理を行っている日本信託が発表した、サラリーマンオーナーに対する...
  10. 毎年行われている国交省による「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」を守っているのかとい...