現場レポート&ニュース

民泊特区での認定第一号が決定!基準緩和で民泊普及か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都大田区の民泊特区での認定第一号が決定しました。民泊マッチングサイト「STAY JAPAN」を運営するとまれるが申請した2室に対して、今回認可が降りた形です。同時に問題も浮き彫りに、厳しい条件のために申請したのは、とまれる1社の2室のみという結果でした。果たして今後の展開は?

民泊特区での申請に課された条件は、宿泊日数7〜10日、居室の床面積が25㎡以上に追加して、24時間対応可能の緊急コールセンターの設置ということ、特に最後の部分が懸念事項となり申請をしなかった業者が多かったように思われます。

ただ4月には旅館業法が改正され、面積の緩和によるワンルームマンションでの民泊サービスの提供が可能になるので、状況が変わることも期待されています。現状の33㎡から1人たり3.3㎡に収容人数を乗じた数になるので、これで民泊申請する人が増えるのではないか?と予想されています。ちなみにこの規制緩和は特区だけではなく全国的なものなので、今後の広がりが期待されているわけです。

そういったことも有り、エイブルや京王グループは「STAY JAPAN」に物件をのせて空き部屋からの収益性を狙っていますし、HONE'Sを運営するネクストも新たな民泊マッチングサイトを提供する方針を打ち出しています。更にアパマンやSkyticketを運営するアドベンチャーも参入するなど次々に企業が進出する方向のようです。

問題なのは、法人化せずに個人でこの民泊サービスを提供する人がどこまでグレーではなく、認可を受けて民泊サービスの提供を行うのか?というところだと思います。やはり最終的に企業サービス(コールセンター等)を受けて実施しなければならないのであれば、民間で認可を受けて行う民間サービスは広がっていかないことが想定されます。

そうなると法整備の意味があまりなく、現状と変わらないのではないか?ということも危惧されるわけです。いずれにしても4月以降の各社の動向が民間市場に大きな影響を与えることは間違いなさそうです。

2020年までの民間の普及が進むのか?それとも途中で問題山積で進まないのか?こればかりは暫くその動向を伺わなければならないかもしれません。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 民間の賃貸住宅や空室を活用することで話題になった準公営住宅制度が、10月25日から始動しました...
  2. 日銀によるマイナス金利が導入され、住宅ローンにも様々な影響が出てきました。
  3. 賃貸物件の収益を低下させてしまう空き部屋問題。
  4. 前回もお伝えしましたが、再建築不可物件まで投資対象が広がってきました。
  5. リクルート住まいカンパニーが3ヶ月毎に行っている「住まいの買いどき感」調査の6月度の結果が発表...
  6. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  7. 東京都といえば、持ち家率が低い都道府県として有名で、総務局統計局が行った「平成25年住宅・土地...
  8. 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する株式会社タスが行った最新の調査で、賃貸住宅ス...
  9. ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)...
  10. 国土交通省が公表した、「平成29年度国土交通白書」でわかったことは、大都市圏に住む20代の若者...