現場レポート&ニュース

京都府で違法民泊業者が強制捜査されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やはりこういう展開になりました。特区として民泊を認める以上、悪質な業者への始動や締め付けが強くなるのは、過去の事例を見てもわかっていたことですが、今回の件は非常に悪質だったためにあっという間に操作が行われたようです。

旅行会社と不動産管理会社が連携し、中国人に対して京都府の新築マンション44室の内36室を「ワールド迎賓館京都梅ノ宮」という名称でインターネット上で中国国内でパック旅行として販売していたようなのです。

宿泊料金は1泊6500円〜8800円と月に20日でも宿泊者がいれば、通常の倍の家賃収入を得ることは簡単だと思いますが、マンションの前にバスをつけてまでの送客を行っていれば、残り8室に住む住人から通報されるのは当然の結果です。

今回のマンションでは、合計300名以上の観光客を宿泊させていたようなので、かなり大規模で組織的な部分があったので、早い段階での書類送検につながったのだと思います。

今回は旅館業法違反とまさに違法民泊を行っている人を対象とした見せしめ的な取り締まりのようにも見えます。実際にこの件以外にも東京都でも逮捕事例があったり、業務停止命令が6件あったりとこれまで自由に行えていた民泊に対する捜査が広がっていきそうな予感です。

不動産管理会社とすれば、賃貸づけをするよりも不足するホテルや旅館の代わりに観光客に止まってもらった方がラクですし、収入も増えるという部分で安易に加担してしまったのかもしれませんが、そういった物件はやはり痛むのが早く、その先に日本人が賃貸で住むかといえば、少し難しいような気もします。

ちょうど民泊解禁との間にあった時期なので、すこし微妙なところではありますが、やはり安易な判断を不動産業者が行ってしまったことも一つの問題だと思います。やはり不動産という資産をどう活用するのか?明確な計画があって初めて建築を行うべきだと考えさせられた一件でした。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 高級ブランドが各国に進出する際の一つの指標となる総合不動産サービス大手のJLLが2016年の最...
  2. 野村総研が2030年の住宅市況に関する予測を発表しましたが、その際に対策として発表したのが、「...
  3. 分譲マンションでは当たり前の従前積立金ですが、一戸建て住宅ではそういった取り組みを行っている人...
  4. 少し前にも話題になった50年以上未登記の土地問題ですが、今後その傾向がさらに高まり、どんどん所...
  5. 2016年11月に取りまとめを行った、自由民主党の中古住宅市場活性化小委員会の8つの提言を知っ...
  6. CCRCという言葉をご存知でしょうか? CCRCとはContinuing Care Ret...
  7. フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より...
  8. ALSOKが行った調査で、 なんと5人に1人にあたる17.7%もの人が空き巣被...
  9. 国土交通省が、今後10年の住宅政策の指針として、新たな「住生活基本計画(全国計画)」を閣議決定...
  10. 4月1日になり、環境が変わられた方も多いと思います。