現場レポート&ニュース

賃貸住宅ストック市場の経営難等物件が急増、賃貸住宅の課題は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する株式会社タスが行った最新の調査で、賃貸住宅ストック市場の経営難等物件が急増していることがわかりました。

今回発表されたのは、2017年6月期の賃貸住宅市場レポート。

これにより、経営難等物件の広がりと現状の課題、将来的な課題が浮き彫りに。

賃貸住宅データの空室率から賃貸住宅ストック市場の構成状況の分析を行なったところ、首都圏でもすでに19〜30%の賃貸住宅が経営難等物件になっていることが発覚。

さらに空室ストックの経営難等物件データ分析を行ったところ、首都圏でも61〜74%も経営難等物件が存在していることわかりました。

つまり一度空室になると、次の入居者が入りにくく、そのまま負のスパイラルにハマり、その状況を抜け出せない可能性が高いことがわかっています。

東京市部でも空室率が悪化し、更新率が減少し、途中解約率が上昇するという悪循環が起こり始めていることも確認。

2025年以降に東京都でも、世帯数が減ること予想されていますが、すでに既存の賃貸住宅でもそういった傾向があることがわかっています。

ただこのあたりは、季節的なもの・時期的なものがありますので、ずっとこの傾向が続くとも考えられませんが、非常に厳しい状態であることは間違いなさそうです。

ちなみに大阪府の空室率は先月比±0.00%、前年同月比0,04%とほぼ変わらない状況で、募集期間は+0.07%、更新確率は−1.06%、中途解約利率は+0.16%、賃料指数は+0.29%。

概ね良好な状態にあることがわかっています。

今回は首都圏以外の経営難等物件のデータ分析まで行われていませんが、東京23区と埼玉でも10%の違いがあることもわかっていますし、郊外に行けば行くほどその割合が上昇。

今後も都市部以外の賃貸需要があまり強くなく、空室にならないようにする努力が家主や不動産管理会社には必要なことは明確なようです。

出典:株式会社タス http://www.tas-japan.com/

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が...
  2. リクルート住まいカンパニーが3ヶ月毎に行っている「住まいの買いどき感」調査の6月度の結果が発表...
  3. あなたは実際にどのような暮らしを実現したいと考えていますか。
  4. 国土交通省が進める中古住宅のブランド化、その名称が「安心R住宅」に決定し、今年の夏を目処に告示...
  5. やはりこういう展開になりました。
  6. 先週は台風21号が日本を縦断し、北海道では「平成30年北海道胆振東部地震」が起こり、日本中の様...
  7. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  8. 先日も少し紹介しましたが、野村総合研究所(NRI)が今度数十年における空き家の予想を発表しまし...
  9. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...
  10. 先日、国土交通省から2015年度の既存住宅売買瑕疵保険の保険証券発行実績(保険契約件数)が発表...