現場レポート&ニュース

住まいの耐震診断の実施状況の低さがアンケート調査で判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣府が行った「防災に関する世論調査」の結果から、住まいの耐震診断を51.5%もの家庭で実施していないことが判明。

震災などが自然災害が増えている状況で、個々の防災意識の高まりがあることは間違いないですが、実際にそこまで行動できていないというのが如実に。

実際にアンケートの結果でも、建物の倒壊を7割以上の人が心配しているのにも関わらず、実際に自宅の耐震性をチェックしていない人が多いんです。

ちなみにすでに耐震診断を行っている人が28.3%で、そのうちの24.9%が耐震性を有していることを確認できていますが、残りの3.4%は耐震性を有していなかったということ。

ただ興味深いのが、実際に耐震性を有していなかったのは2.0%で、残りの1.4%は耐震診断を実施したものの、その結果についてはわからないというもの。

ちなみに17.7%の人は、耐震診断もしていないし、行う予定もないということです。

築年数の新しい家なら、耐震性はある程度確保されているという風に考える人が多いのかもしれませんが、欠陥住宅などもあるので、できればやってほしいところ。

また耐震診断もどの業者で行うのかによって、その精度も異なりますし、実際に説明される内容も異なりますの、業者選ぶは慎重に行ってください。

それと「防災に関する世論調査」では、多くの人が震災に備えて準備を行っていることもわかっており、46.1%もの人が地震保険(地震共済を含む)に加入し、45.7%が食料や飲料水、日用品などを準備。

そういった人がいるのに対し、10.4%もの人が特に何もしていないという状況も。

様々な震災が起こるリスクが高まっていることもありますので、この機会にぜひ防災意識に関して、一度考えて見ると良いと思いますよ。

出典:https://survey.gov-online.go.jp/

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 将来的な空き家問題が騒がれていますが、その傾向が強く出ていることを再認識させるような調査結果が...
  2. 中古住宅診断を行うことで、中古住宅を安心して売買できるようになることで中古住宅の流通を増やそう...
  3. 先週もお伝えした大阪府住宅供給公社のDIY型賃貸住宅がなんと一気に規模が拡大されました。
  4. マンションポータルサイトのメジャーセブンが毎年行っているマンションを購入する意志がある人に対す...
  5. これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威か...
  6. 中高層建築市場と言えば、地方などでもかなり需要の多い建築物で、商業施設と居住スペースを組み合わ...
  7. ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)...
  8. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。
  9. 分譲マンションでは当たり前の従前積立金ですが、一戸建て住宅ではそういった取り組みを行っている人...
  10. ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をご存知ですか? 高断熱外皮・高性能...