現場レポート&ニュース

大阪府でも民泊条例が成立、今後の展開は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府議会で民泊条例が成立しましたので、これで大田区と並んで大阪のホテル不足が解消されると良いのですが、大阪府では、来年春の施行を目指しているようです。

大阪府の場合、既存のホテルや旅館に配慮して、6泊7日以上の長期滞在に限定したことと、近隣住民が感じる治安面の不安を考慮して、府の立ち入り調査権限などを盛り込んだ形での可決となりました。

民泊と旅館の違いは、

宿泊日数:旅館は制限なし。民泊は6泊7日以上に限定
受付:旅館はフロントが必要。民泊はフロントは不要だが、対面や映像での確認が必要。
清掃:旅館は事業者が行う。民泊は宿泊者及び、代行業者でもOK。
トイレ・浴室:旅館は施設内にあればOK。民泊は各部屋に必要。
台所:旅館は不要。民泊は各部屋に必要。
光熱費:旅館は宿泊料に含まれる。民泊は事業者の判断に任せる。
外国人対応:旅館は規定なし。民泊は外国語の案内やゴミ出し、騒音対策が必要。

マンションの一室であれば問題のないことも、この定義をそのまま当てはめるとシェアハウスや民家で民泊を行おうとすると若干難しいのかもしれません。各部屋に必要という部分をどう捉えるのか?ここが一つのポイントです。

大阪府でも空き家問題の解消のキッカケになるのでは?と考える人も入れば、賃貸業者とタッグを組んで未居住物件での運用を考える会社もありますので、そういった人たちがどのような方向性で進んでいくのかも気になりますね。

最も大きな問題である現在の大阪府のホテル稼働率は87%を越え、予約を取りにくいと感じる80%をずっと上回っています。その結果ホテルの宿泊代金の高騰が進み、サラリーマンや国内旅行者の懐を痛める結果になっていますので、まずはその部分の解消を目指すのが先決なのかもしれません。

いずれにしても民泊条例の可決が、不動産業界に与えるインパクトは大きなものになることが予想されます。成功するのか。それともそうならないのか?実際の運用は来春以降になりますので、まだまだ暫くは今の状態が続くのだけは間違いなさそうです。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 最近の住宅には様々なニーズがあり、定額制住み放題サービスにも注目が集まっています。
  2. 株式会社エヌ・シー・エヌが行った住宅の耐震意識と地震への備えに関する全国2,889名に行った調...
  3. OYO LIFEの家賃&共益費 1ヶ月無料クーポンが当たるかも。 
    OYO LIFEで、家賃と共益費が1ヶ月無料になるクーポンが当たる可能性があるくじ引きを期間限...
  4. KEN NETWORK ラーメンフレーム 木造 門型
    KEN NETWORKの代表的な商品の一つが、「木造門型ラーメンフレーム」です。
  5. 不動産屋.co.jp (hudosanya.co.jp) といえば、ブロックチェーン対応不動産...
  6. やはりこういう展開になりました。
  7. 少し前から木造高層住宅に関する情報をお伝えしてきましたが、先日住友林業さんがW350計画を発表...
  8. 毎年行われている国交省による「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」を守っているのかとい...
  9. 先日総務省が発表した、2017年版 家計調査報告での貯蓄額が衝撃的だという話が広がっています。
  10. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。