現場レポート&ニュース

賃貸併用住宅という家の建て方を考えてみる。その②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のお話で、賃貸併用住宅の基本的な考え方はお話しましたが、もう一歩突っ込んで考えてみましょう。
前回の話にでてきた4000万円というローン金額を組む人は、世帯年収で650〜700万円の方が多いというアンケート結果があります。

そこまでの年収がないという方もいらっしゃるかもしれませんが、賃貸併用住宅の場合、実は年収の10〜20倍の住宅ローン融資を受けることもできてしまうのです。*この辺りは各金融機関の状況によっても変わります。

それだけではなく、住宅ローン控除を受けることもできますので、今のタイミングなら、10年間で最大500万円分の税金も戻ってきます。

金額的なメリットはこれでもか‥という位ありますが、やはり賃貸部分があるということで、そこをしっかり事業として考えられないと失敗することになります。

例えば、

・近隣の賃貸事情に合わない部屋を作ってしまう
・オーナーとの共存を好まない入居者がいることを知る
・オーナーだけが、価値あるスペースを専有してしまう
・修繕費等の計算をしていなかったり、管理が甘い

初期の段階でも十分にわかっていることかもしれませんが、サラリーマンから急に大家になる方もいらっしゃるので、この部分をしっかり考えないと後で困ることになります。賃貸併用住宅というのは、実は土地探しが非常に重要になります。そこまで大きな部屋を作ることができませんので、1ルーム〜1DK位が一般的なサイズになると思います。

近隣の賃貸事情を加味しながら、ある程度の利便性も確保しつつ、価値のある住まいを提供する。

そういう視点で取り組まれると失敗が少ないのかもしれませんね。ちなみにKEN NETWORKのラーメンフレームは、賃貸併用住宅でも活用することできるのです。ラーメンフレームを使ったスケルトンインフィルというスタイルで建築すれば、将来的なリフォームも間取りの変更も簡単にできるのです。

中長期でその土地の動向を推測するのは難しいですよね?だからこそ、何があっても困らない方法を最初から選択することが、リスクを抑える考え方なのだと思います。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 国土交通省が2016年版の公示地価を発表しました。
  2. 東洋経済新報社が全国814都市を対象にして、毎年公表している「住みよさランキング」の近畿地方版...
  3. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  4. 共働き世帯にとって、子育てしたすい街に住むかどうかということは非常に大きな課題だと思います。
  5. 相続税対策に効果的だと、大手建設会社と地方銀行が積極的にタッグを組んで、アパートローン融資の拡...
  6. マンションポータルサイトのメジャーセブンが毎年行っているマンションを購入する意志がある人に対す...
  7. 既存住宅の活用、空き家の活用など中古住宅に対する様々なニーズや用途の洗い出しが国交省主導でどん...
  8. 老後の不安を感じる若い世代とハッピーなシニア世代 老後の生活に関するいくつかの...
  9. 日本で初めてのAI搭載マンションの分譲が始まりました。
  10. 先日国交省が発表した「賃貸住宅管理業者登録制度の改正」が9月1日より施行されているが実際にサブ...