現場レポート&ニュース

アパートローンが急減速、監視強化の影響&実際の需要も減少。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前から金融庁がアパートローンの加熱融資をめぐり、地方銀行の監視を強化していたことが話題になっていましたが、ここに来てアパートローンが急減速。

2017年7月〜9月期のアパートローンの新規融資額は前年同期比で2割以上も減少し、3四半期連続で前年割れの結果となりました。

とはいえ、地方銀行を主体とした貸出残高は依然高止まりしていますので、今後も継続的な警鐘が必要だと言われています。

アパートローンが急減速するということは、親切着工戸数にも影響し、2017年11月の貸家着工数は、前年同月比2.9%減の3万7508戸となり、6ヶ月連続で前年割れの状態。

このアパートローンが急増した背景には、2015年の税制改正で相続税が増税になるものの、アパート建設で節税できると話題になってアパートローンの借り入れが増加。

地銀もその流れにのり、高金利商品として収益の柱のひとつとして捉えて、地方の地主を中心に貸出残高を増やしていましたが、そこに実需が伴わないことを金融庁が注視。

空室発生や賃料低下のリスクを借り手が十分理解していない状況があると指摘したり、一括借り上げに伴うトラブルが増えていることも、金融庁がアパートローンを締め付けている理由のひとつ。

ここに来てようやく、全国地方銀行協会の佐久間英利会長も2017年11月の記者会見で、「地価が上がって採算のとれるアパートが少なくなった」と発言するものの、時すでに遅し。

現状のアパートローンの貸出残高の6割が地方銀行という異常な状態になっているのが現状。

今後の不動産市況を考えてみても、すでに飽和状態であることはわかっていますので、建築済のアパートが収益をどう生むのかは、非常に悩ましい問題かもしれません。

ただそんな状況でも、まだまだ新築物件が建築されていますので、アパートローンを組む場合には、将来的な収益性をもう一度考えたほうが良いと思いますよ。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 国土交通省がH30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」の改定、「家主向けDIY型賃貸借...
  2. 2013年に政府の策定した「待機児童解消加速プラン」における50万人分の保育の受け皿の確保達成...
  3. 国交省が主体になり新たな住宅セーフティーネットとして最近流行りのシェアハウスを活用しようという...
  4. UR都市機構が、日本最大級のファッションイベントの神戸コレクションとのコラボ企画を発表。
  5. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  6. 2010年施行の、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を活用する為に、地域の工務店...
  7. 2016年11月に取りまとめを行った、自由民主党の中古住宅市場活性化小委員会の8つの提言を知っ...
  8. マンションポータルサイトのメジャーセブンが毎年行っているマンションを購入する意志がある人に対す...
  9. 国交省の社会資本整備審議会・住宅宅地分科会が進めている新制度の「セーフティーネット住宅」の基本...
  10. フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より...