現場レポート&ニュース

老後の不安を感じる若い世代とハッピーなシニア世代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後の不安を感じる若い世代とハッピーなシニア世代

老後の生活に関するいくつかのアンケート結果が同じタイミングで出てきたので、若者世代とシニア世代ではどんな違いがあるのかを紹介してみたいと思います。

今回のアンケートは、(株)大和ネクスト銀行が行った「シニアライフに関する調査」とセコム(株)が行った「日本人の不安に関する意識調査」をベースにしています。

「シニアライフに関する調査」では、60歳以上のグループと50歳〜59歳のシニア予備軍を対象にしており、「日本人の不安に関する意識調査」では20代以上の世代を対象にしています。

これらの調査でわかったことは、

シニア世代の78.9%はハッピーライフだと考え、シニア予備軍の53.9%はハッピーライフ、若者世代の82.8%は老後に不安を感じているという結果に。

シニア世代とは真逆の結果となりましたが、不安を感じているにもかかわらず、約7割が対策をしていない状態が浮き彫りに。

30代40代よりも20代の4割以上が何かしらの対策を行っていると答えており、若ければ若いほど将来の生活に対する不安をより強く感じて行動に移していることがわかります。

子育て世代になると老後に不安を感じていても、住宅ローンや子供にお金がかかることもあり、金銭的にも時間的にも余裕が無いのかもしれません。

ちなみに老後への不安に感しては、5年連続で8割以上の人が老後に不安を抱えていることを明確にしています。

経済的な負担に関する不安や病気やケガなどの健康不安が1位2位を独占しており、高齢化社会ならではの状況であるのかもしれません。

いずれにしても何も対策をしなければ、どうすることもできなくなってしまいますので、できることから少しずつでも良いので、老後の生活や自分の健康に対する対策を行っていくべきでしょう。


参考:セコム株式会社
株式会社大和ネクスト銀行

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************


ラーメンフレーム,木造門型ラーメン,老後の不安,シニア世代,若者世代

関連記事

ピックアップ記事

  1. 国土交通省が「第3回国土審議会土地政策分科会特別部会」で、所有者が不明になっている土地に対する...
  2. 住宅金融支援機構は、中古住宅購入時に省エネルギー性能や耐震性などを向上させる性能向上リフォーム...
  3. 大阪府住宅供給公社のリノベ団地といえば、ニコイチが代表的だと思います。
  4. 国土交通省がセーフティネット住宅の申請手続きを簡素化して、より多くの登録が行われるようにするこ...
  5. 無印良品と言えば、シンプルなデザインや高い機能性、値段の安さで都心部の女性を中心に非常に高い人...
  6. 東京都葛飾区で2018年4月に開演予定だった認可保育園が、建設業者の資金繰りの悪化で工事が中断...
  7. イケア・ジャパンの新サービスである「IKEA Place」が10月16日から開始されてい...
  8. 株式会社エヌ・シー・エヌが行った住宅の耐震意識と地震への備えに関する全国2,889名に行った調...
  9. 先週もお伝えした大阪府住宅供給公社のDIY型賃貸住宅がなんと一気に規模が拡大されました。
  10. ここ数年のインバウンド需要の高まりの中で、急激に伸びてきているのがベトナム人です。