現場レポート&ニュース

国家戦略特区の民泊が2泊3日から可能に!訪日客の受け入れ拡大か。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は9月9日に行われた国家戦略特区諮問会議で、国家戦略特区限定としながらも一般住宅に旅行客を有料で泊める民泊を短期滞在客向けにも解禁することを正式に決定しました。同じ住宅に6泊7日以上泊まる客に限る日数要件を、今年の秋にも2泊3日以上に短縮し関連する政令を改正することを決定しました。

これで特区限定とはなるが短期滞在者の民泊利用も認めて、空き家の稼働率を高める効果を期待。空き家所持者の民泊事業への参入を促進し、訪日客の受け入れ拡大につなげる考えのようです。

特区を活用した民泊は東京都大田区や大阪府門真市で始まっており、現時点で22の事業者が27カ所の宿泊施設を運営。滞在者は208人(うち外国人は104人)となっています。

同時に国家戦略特区諮問会議では東京都全域での外国人による家事代行サービスの解禁も了承。11月をめどに国や都で協議会をつくり、外国人を採用したい企業を募る方向で調整が始まりました。安倍首相は「残された岩盤規制改革や特区での成果の全国展開についても、実現に向けてこれまで以上に検討を加速していく」と更なる民泊の拡大を強調しました。

これで正規民泊業者の事業拡大と民泊事業者への登録拡大を目指し、政府の管理体制の元で民泊事業の整備を進めていくことになりそうです。

ちなみに特区民泊とは、国家戦略特別区域法に基づく旅館業法の特例制度を活用した民泊のことで、特区民泊を実施できるのは、「国家戦略特区」(国家戦略特別区域)のうち民泊条例を制定した自治体に限られています。

現時点の特区民泊は、東京都大田区と大阪の一部のエリアのみですが、10月以降に大阪市、年内には北九州市でも特区民泊が始まることが予定されています。今回の短期滞在客向けの民泊の拡大により、東京や大阪府、京都府などのホテルの稼働率が高い地域では更なる特区指定を目指した動きも拡大しそうです。

何れにしても、これでまた民泊への参入者が増える傾向になると思いますので、またしばらくは民泊から目が離せないかもしれません。何れにしても、政府の方針一つで拡大も停止もありうる民泊。ただいましばらくは拡大傾向が続きそうなので、早めの対応が好ましいかもしれません。


***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 答えを先に言ってしまえば、今は組むことができます。
  2. ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をご存知ですか? 高断熱外皮・高性能...
  3. 2016年11月に取りまとめを行った、自由民主党の中古住宅市場活性化小委員会の8つの提言を知っ...
  4. 国土交通省がまとめた資料である「16年度住宅市場動向調査」によって、新築マンション購入時に、中...
  5. 東京の家賃の高さが気になるところですが、世界規模で家賃相場を比較してみると、東京よりの1.6倍...
  6. 東京都大田区の民泊特区での認定第一号が決定しました。
  7. 2016年度の税制改正大綱が決定し、住宅関連の目玉は何と言っても、「空き家に係る譲渡所得の特別...
  8. 現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上...
  9. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  10. 今週話題になった新築分譲マンションの完売情報だけでも、 ・イニシア江古田(28...