現場レポート&ニュース

公共建築物の木造化を加速し、2020年に3割超え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年に制定された公共建築物等木材利用促進法の目的達成を目指し、2020年までに木造率3割超えを目指す方針を固めていますが、現在の木造率をご存知ですか?

  • 2011年の公共木造率は8.7%
  • 2015年の公共木造率は11.7%

徐々に上昇しているものの、全体で見るとまだまだ木造率が3割を超えるまでは時間がかかる模様です。

しかし3階以下の低層の木造率に関しては、

  • 2011年には17.9%
  • 2015年には26.0%

そして目指すところが、2020年の低層公共建築物の32.0%達成です。

その為に現在活用を考えているのが、CLTや木質耐火材。

公共建築物の木造率上昇のために、公共建築物等木材利用促進法を改定し、国や地方公共団体が建築する際に、CLTや木質耐火部材などの新たな木質部材の活用に努めることを明記することに決定。

ここ数年の建築基準法の改定も木造率の向上に後押しすることに。

2014年の改定で、一定の防火措置を行うことで、3階建ての木造校舎や延床面積3000m²を超える木造建築などを、主要構造部の木材を防火皮膜せずに見せながら使える準耐火構造で建てられるようになることを明記。

さらにこれまでの努力義務から、木材利用の進捗状況を定期的に把握して課題を分析し、必要に応じて基本方針を変更することを念頭に置いた基本方針に変更する予定にしています。

公共建築物の木造率の上昇が、民間の非住宅にも木造化にも波及することで、国産台の有効利用を推奨したい目論見があります。

2020年まではまだまだ時間がありますが、今後の調整を経て3割超えの目標を達成できるように、今後の進展を見守っていくしかありません。


***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 観光庁が民泊の新たなルールとして、「仲介+管理」をセットにした事業スキームの構築を検討し始めま...
  2. 2016年4月の熊本地震をきっかけに、新耐震住宅でも耐震性能の確認が必要だという見解が強くな...
  3. 再建築不可という言葉をご存知でしょうか?その名の通り、再建築ができない物件のことになります。
  4. ここ数年のインバウンド需要の高まりの中で、急激に伸びてきているのがベトナム人です。
  5. 東洋経済新報社が全国814都市を対象にして、毎年公表している「住みよさランキング」の近畿地方版...
  6. 株式会社リクルート住まいカンパニーが行った、関西住みたい街ランキング2018年版で3年連続で西...
  7. タワマン人気に陰りか?魅力なしと話題に!
    マンション売却の達人という株式会社MayLightが運営するサイトで行われたアンケート結果で、...
  8. 将来的な空き家問題が騒がれていますが、その傾向が強く出ていることを再認識させるような調査結果が...
  9. 毎月12日はわんにゃんの日にちなんで行われたペットの飼育状況、不動産の見積り比較サイトである「...
  10. 最近、木材スケルトン 外皮請負サービスが人気なのを知っていますか?木材・建築流通事業を推進して...