現場レポート&ニュース

アシューマブルローンがフラット35でも可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より適応されるようになり、これでまた長期優良住宅の普及に弾みが付きそうです。

アシューマブルローンという仕組みをご存知でしょうか?

簡単に説明すると、アシューマブルローンは「債務承継型ローン」とも呼ばれ、既存住宅売買時に売主のローンを買主へ引き継げるローン制度のこと。

このアシューマブルローンは、金利上昇局面においては、物件の価値を高めることができるひとつのポイントになります。

アシューマブルローンで契約されている物件は、売買代金がローン残高より高い場合は、買い主が売り主に売却代金からローン残高を差し引いた金額を支払い、売買代金がローン残高より安い場合には、売り主に買い主がローン残高から売買代金を引いた金額を支払います。

少しわかりにくい仕組みですが、ローンを引き継げるということがアシューマブルローンの一番のメリット。

ローンを引き継ぐということは、金利も含め、売り主が行ったローン契約を全て引き継げるということなので、超低金利時代に契約されたローンは、非常に魅力的になります。

特にフラット35は、昨年8月が下落の底だったので、それ以降に契約するローンよりも、その当時のローン契約の方が金利が魅力的に。

それが新たな資産価値として物件に付与されると、既存の長期優良住宅は、超低金利付きのローンというインセンティブ付きで売り出すことができるようになり、購入者にとっては非常にメリットが高いポイントに。

同時にハウスメーカーにとっても、長期優良住宅を販売する際のメリットのひとつとして、流通させやすい状況が整うというものです。

現状のフラット50のアシューマブルローンは、フラット35の取扱金融機関の4分の1程度、それがアシューマブルローンの普及を阻害している要因のひとつなので、それを改善し、アシューマブルローンを普及させる上でも、非常に重要なポイントになると考えられています。

いずれにしても、今年の4月にならないと市場に登場しませんので、そのタイミングでどうなるのか?それが非常に楽しみですね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...
  2. 少し前から木造高層住宅に関する情報をお伝えしてきましたが、先日住友林業さんがW350計画を発表...
  3. 宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が参議院本会議にて全会一致で可決され成立することが決定し...
  4. CCRCという言葉をご存知でしょうか? CCRCとはContinuing Care Ret...
  5. 空き家問題が、将来的な様々なリスク要因であることが認知されていますが、空き家が増える原因のひと...
  6. アマゾンの「リフォームストア」が誕生しました。
  7. 駐車場ビジネスといえば、時間貸しのコインパーキングか月極の契約が主流となっていましたが、ここに...
  8. コンビニ大手のセブンイレブンが民泊事業に参加。
  9. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  10. リフォーム市場の新たな需要の担い手になるのが、相続した戸建てのリフォームの可能性があります。