現場レポート&ニュース

SOLTS(ソルツ)木材スケルトン 外皮請負サービスが人気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、木材スケルトン 外皮請負サービスが人気なのを知っていますか?木材・建築流通事業を推進している物林が新たに販売しているのが、SOLTS(ソルツ)です。

これはここ数年の大工不足、大工の高齢化問題を解決し、工務店支援を積極的に行おうと開発された新たなサービスです。

SOLTS(ソルツ)を採用すると、木造在来軸組住宅のフレー ミング工事(上棟作業、パネル施工、サッシ取り付け)から屋根・ 外壁工事までを僅か1〜2日で完了させることが可能です。そのため、構造躯体が雨にさらされるリスクも減少し、構造躯体の劣化も予防できます。

なぜ、物林がSOLTS(ソルツ)を開発できたのか?

物林以外にも、耐力パネル製造事業者、金物 メーカー、窓メーマー、プレカット事業者、設計や各種申請業務の支援を行う事業者、建て方の大工を管理す る事業者などが連携したから。

しかもSOLTS(ソルツ)で建てる家は、高性能化、現場の省施工化に寄与する様々な工夫が盛り込まれており、耐震等級3という優れた耐震性能を確保しています。

YKKも開発業者のひとつなので、高性能樹脂窓のAPW330もSOLTS(ソルツ)に組み込まれています。

小規模工務店にとってうれしいのは、建て方の施工もSOLTS(ソルツ)が請け負い、ネットワーク化されたフレーマー事業者から、現場に応じて人員を派遣してくれるので、人員の確保も不要という、殆ど丸投げ状態でできるところ。

現在の供給エリアは、中京地区(1社)、関西地区(2社)、四国エリア(2社)のみですが、年間350〜450棟の施工が可能です。

SOLTS(ソルツ)の仕組みを活用することで、家づくり工程の約40%にあたる構造躯体の施工がほぼ完了するので、工務店は残りの約60%に注力でき、職人の手間賃をはじめ、様々なコスト削減、大幅な工期の短縮、品質の向上が図れるなど非常にメリットが豊富。

大工不足・大工の高齢化問題にSOLTS(ソルツ)がどこまで切り込めるのか?今後の進展にも注目が集まっています。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大阪府住宅供給公社が、泉北ニュータウンの茶山台団地で、DIY初心者でも自宅のカスタマイズができ...
  2. じぶんの地盤アプリや地盤サポートマップのアプリ版が話題になっているのを知っていますか?このふた...
  3. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  4. 民泊という言葉が一般に浸透するにつれて、様々な問題に浮かび上がってきました。
  5. 住宅リフォーム推進協議会が、平成28年9月~平成29年8月に住宅リフォーム工事の施工が完了した...
  6. 住宅を建築中の方は、こういったニュースにも耳を傾けて置いたほうが良いと思います。
  7. 国交省の社会資本整備審議会・住宅宅地分科会が進めている新制度の「セーフティーネット住宅」の基本...
  8. 定期借地権を利用した住宅建築と言えば、戸建て需要がメインで行われてきましたが、ここ数年は定期借...
  9. 相続税対策に効果的だと、大手建設会社と地方銀行が積極的にタッグを組んで、アパートローン融資の拡...
  10. 先日、リクルートホールディングスが発表した2017年の住まいのトレンドキーワードが「リビ充家族...