現場レポート&ニュース

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインで退去費用を減額しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
原状回復をめぐるトラブルとガイドラインで退去費用を減額しよう!

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインをうまく活用することが、退去費用を減額するための重要なポイント。

しかし原状回復をめぐるトラブルとガイドラインの存在を知らずに、賃貸業者の思惑のままに退去費用を支払っている人も多いんです。

引っ越しの本格的なシーズンを迎える際に、もう一度【原状回復をめぐるトラブルとガイドライン】を思い出して、少しでも退去費用を安くしてくださいね。

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインでは、

原状回復とは賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないことを明確化していますので、通常使用の範囲内で起こるものに対しては原状回復義務がないということ。

退去費用として請求されたものの中で、賃借人が通常の住まい方、使い方をしても発生すると考えられるものが含まれていれば、その分は減額交渉にチャレンジすべきだと思います。

実際にどのくらい退去費用に違いが出るのかを無人契約機検索サイト:アトムくんがランサーズで200名に対してアンケートを実施。

退去費用の平均額は63,283円

  • ワンルーム、1K、1DK、1LDK:49,980円
  • 2K、2DK、2LDK:79,924円
  • 3DK、3LDK、4K、4DK、4LDK:90,139円

居住年数の変化による違いは、

  • 3年未満:49,431円
  • 4年~6年:61,694円
  • 7年以上:87,090円

請求額に納得した人は全体の42.5%で高いと思った人が32.5%。

実際に退去費用の交渉をすると、交渉をしなかった人よりも27,045円も安い費用の支払いで済んでおり、

  • 退去費用を交渉した人の退去費用:71,921円
  • 退去費用を交渉しなかった人の退去費用:98,966円

このような違いがあることがわかりました。

原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを理解して、とりあえず退去費用の減額交渉をやってみる価値はありますよね?

しかも交渉した人で退去費用が値上がりしたという人は一人もいなかった様子。

退去費用を安くできれば新居での新生活にも余裕がでますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

参照:アトムくん編集部

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 平成13年から行われている住宅リフォーム推進協議会による「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動...
  2. 国土交通省が6月末に行われた国土交通相の諮問機関・国土審議会でまとめた、空き家バンクの一元化に...
  3. 30年後に価値が落ちない物件の定義を知って住宅購入で損を回避!
    SBIエステートファイナンス株式会社が104名もの不動産のプロに行ったアンケート結果が公表され...
  4. 民泊は法的にはグレーゾーンにあることはここまで何度もお伝えしてきたので、既にご理解されていると...
  5. 日銀によるマイナス金利が導入され、住宅ローンにも様々な影響が出てきました。
  6. 国土交通省が行った「平成30年度マンション総合調査結果」の結果、マンションへの永住意識が過去最...
  7. 大和ハウスに住友林業、積水化学工業と相次いでハウスメーカーが高齢者住宅の運営に積極的に参入し始...
  8. 空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が...
  9. 2016年3月に閣議決定された新住生活基本計画での目標である「住宅の確保に特に配慮を要するもの...
  10. 欧州を中心に世界的にインテリア業界や医療現場で普及が進んでいるデジタルプリント壁紙。