現場レポート&ニュース

戸建注文住宅にも防災用シェルター設置の動きが加速しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威から守る必要性。

従来の耐震性能や台風性能、防火性能だけでは守りきれないのが、核の脅威ではないでしょうか?

そんな状況を見越して、大阪のサンヨーホームズでは、個人の戸建注文住宅に防災用シェルターをオプションで設置できるサービスを導入することに。

かなり本格的な防災用シェルターを好みのレベルに合わせて設置できることで、様々なリスクから家族を守ることができます。

今回導入したのは、庭に設置できる4畳タイプの防災用シェルター。

それ以外にも様々な要求レベルや設置場所に対処できるように、様々な商品を選ぶことが出来ます。

防災用シェルターの要求レベルは

  1. 避難人数・日数
  2. 浸水(津波・洪水)
  3. 核   N:Nuclear
  4. 細菌  B:Biological
  5. 毒ガス C:Chemical
  6. 放射性物質汚染対応
  7. その他

防災用シェルターの設置場所は

  1. 建物下部
  2. 設置深さ
  3. 周辺の条件
  4. その他

これらの中から、ニーズに合わせた商品を選ぶことで、個々人の感じているリスクを少しでも解消できるようにしたもの。

実際に防災用シェルターや核シェルターを購入したり、導入するような動きは日本でも広まっており、先日報道されていた別のニュースでは、ロサンゼルスの企業「アトラス・サバイバル・シェルターズ」の核シェルターを日本人も購入しているそうです。

この核シェルターは6人が1年間居住できるように設計されており、販売価格は980万円。

実際に4人が1ヶ月住める小型のものは、3週間で5つも購入されるなど、個人も核シェルターを持つような時代になってしまったのかもしれません。

確かに安全性を求めた動きが加速することは、大切なことかもしれませんが、家庭用の防災用シェルターが普及するというのも少し微妙な状況ですよね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が...
  2. 毎年恒例のSUUMO住みたい街ランキング2018年関東版が公開され、なんと1位は東京都からの選...
  3. 全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が以前に発刊していた「住まいの購入ガイ...
  4. 駐車場ビジネスといえば、時間貸しのコインパーキングか月極の契約が主流となっていましたが、ここに...
  5. 観光庁が民泊の新たなルールとして、「仲介+管理」をセットにした事業スキームの構築を検討し始めま...
  6. リフォーム市場の新たな需要の担い手になるのが、相続した戸建てのリフォームの可能性があります。
  7. 国土交通省がH30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」の改定、「家主向けDIY型賃貸借...
  8. 中古住宅市場の活性化に向けた、「8つの提言」をご存知でしょうか?これは今年の5月に自由民主党の...
  9. 不動産見積もりサイトの「スマイスター」を利用した20代以上の全国の男女に行った不動産業者に対す...
  10. 政府は9月9日に行われた国家戦略特区諮問会議で、国家戦略特区限定としながらも一般住宅に旅行客を...