現場レポート&ニュース

戸建注文住宅にも防災用シェルター設置の動きが加速しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威から守る必要性。

従来の耐震性能や台風性能、防火性能だけでは守りきれないのが、核の脅威ではないでしょうか?

そんな状況を見越して、大阪のサンヨーホームズでは、個人の戸建注文住宅に防災用シェルターをオプションで設置できるサービスを導入することに。

かなり本格的な防災用シェルターを好みのレベルに合わせて設置できることで、様々なリスクから家族を守ることができます。

今回導入したのは、庭に設置できる4畳タイプの防災用シェルター。

それ以外にも様々な要求レベルや設置場所に対処できるように、様々な商品を選ぶことが出来ます。

防災用シェルターの要求レベルは

  1. 避難人数・日数
  2. 浸水(津波・洪水)
  3. 核   N:Nuclear
  4. 細菌  B:Biological
  5. 毒ガス C:Chemical
  6. 放射性物質汚染対応
  7. その他

防災用シェルターの設置場所は

  1. 建物下部
  2. 設置深さ
  3. 周辺の条件
  4. その他

これらの中から、ニーズに合わせた商品を選ぶことで、個々人の感じているリスクを少しでも解消できるようにしたもの。

実際に防災用シェルターや核シェルターを購入したり、導入するような動きは日本でも広まっており、先日報道されていた別のニュースでは、ロサンゼルスの企業「アトラス・サバイバル・シェルターズ」の核シェルターを日本人も購入しているそうです。

この核シェルターは6人が1年間居住できるように設計されており、販売価格は980万円。

実際に4人が1ヶ月住める小型のものは、3週間で5つも購入されるなど、個人も核シェルターを持つような時代になってしまったのかもしれません。

確かに安全性を求めた動きが加速することは、大切なことかもしれませんが、家庭用の防災用シェルターが普及するというのも少し微妙な状況ですよね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 民泊という言葉が一般に浸透するにつれて、様々な問題に浮かび上がってきました。
  2. ゼロプラス賃貸はお祝い金のもらえる新たな賃貸サービス!
    ゼロプラス賃貸という新たな賃貸サービスが2019年11月15日から運営を開始し、お得に入居物件...
  3. 中古マンションやヴィンテージマンションに対するリノベーション需要が高まり、現在新規参入や相次ぐ...
  4. 毎年恒例のSUUMO住みたい街ランキング2018年関東版が公開され、なんと1位は東京都からの選...
  5. 先日、リクルートホールディングスが発表した2017年の住まいのトレンドキーワードが「リビ充家族...
  6. 不動産のビッグデータを利用して様々なコンサルティング業務を行っているスタイルアクト株式会社が新...
  7. 政府は10月25日の閣議で国家戦略特区内の民泊について、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2...
  8. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。
  9. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  10. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...