現場レポート&ニュース

フルリノベーションのトレンドは部屋数を減らす傾向にある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUVACO(スバコ) 株式会社 が行った658事例のフルリノベーションで部屋数がどうなるのかを分析した結果、現在のトレンドは部屋数を減らすことだということが確認されました。

世代による違いはあるもののフルリノベーションを行った家のうち55.9%が部屋数を減らしており、部屋数が増えたのはわずか5.8%だけ。

子育て世代を除く単身者と夫婦・カップルの7割以上が部屋数を減らしていたことが確認されました。

2人以上の子供がいる世帯だけが10.3%ほど部屋数を増やしており、フルリノベーションをきっかけに子ども部屋を作っていることがわかります。

現在のフルリノベーションの傾向は、家を細かく区切るよりも部屋数を減らして開放的な空間をうまく活用すること。

実際にどんな感じでフルリノベーションで部屋数を減らしたのかなども、公開しているので、気になる人はSUVACOの公式サイトを確認してみると良いでしょう。

3LDK→1LDKや4LDK以上→1LDKにした事例など、様々なタイプのリノベーションを確認できますよ。

以前であれば個室を沢山持つことが豊かさの象徴だったかもしれませんが、現在のトレンドはリビングをできるだけ広く開放的にしようというもの。

以前も別の記事で紹介しましたが、リビングで料理をする、食べる、くつろぐ、仕事・勉強をする、趣味を楽しむ、遊ぶ、寝る・・・など、様々な用途に利用する人が増えています。

それがフルリノベーションの際のコンセプトに反映されている結果だと思いますので、しばらくはこの流れが主流になるのだと思いますよ。

出典:SUVACO 株式会社

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大阪府住宅供給公社といえば、DIY賃貸住宅の「団地カスタマイズ」を発表したり、ニコイチのリノベ...
  2. 国土交通省が行った2016年11月の新設住宅着工戸数をチェックすると、貸家の着工数は前年比15...
  3. 先週お話したソニー不動産の不動産価格推定エンジンを中心とした中古住宅の成約価格算出サービスによ...
  4. 【枚岡駅】東大阪市、3階建て駐車場付き戸建て フルリノベ800万円 おすすめ物...
  5. 家賃保証 サブリース契約 賢 構造計算 大阪
    先日TVを見ていたら、1億円程のローンを組み賃貸用のアパートを建てた家主さんと不動産会社がトラ...
  6. 欧州を中心に世界的にインテリア業界や医療現場で普及が進んでいるデジタルプリント壁紙。
  7. 東京都葛飾区で2018年4月に開演予定だった認可保育園が、建設業者の資金繰りの悪化で工事が中断...
  8. 新築でマションを購入したいとお考えの方も多いと思います。
  9. 空き家問題が、将来的な様々なリスク要因であることが認知されていますが、空き家が増える原因のひと...
  10. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。