現場レポート&ニュース

都道府県別いい地盤ランキング、地震に備えた住まいを目指そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地盤ネット株式会社という日本全国の地盤調査を行い、データ化している会社があるのを知っていますか?

全国47都道府県の1億6032万件3397地点の地盤情報を持ち、建物用地に該当する1094万2902件のデータから、都道府県別の地盤安心スコアをまとめた発表があります。

この発表自体は2016年のいい地盤の日に行われたものですが、北海道胆振東武地震により地盤の液状化などに注目が集まっていることで、改めて紹介したいと思います。

全国の都道府県別で地盤の強い場所は、

  • 1位 沖縄県 82.754点
  • 2位 群馬県 78.998点
  • 3位 福島県 78.903点
  • 4位 栃木県 78.630点
  • 5位 熊本県 77.758点
  • 6位 岩手県 76.941点
  • 7位 茨城県 75.193点
  • 8位 長野県 75.189点
  • 9位 兵庫県 74.583点
  • 10位 奈良県 72.728点

というランキングになっており、全国平均は70.3点。

ちなみに大阪府は「33位の68.177点」という結果なので、日本国内では地盤の弱い地域が多い場所だということがわかっています。

北海道については、「18位の70.382点」でしたが、今回の北海道胆振東武地震では厚真、安平(あびら)、むかわ3町だけでも計6116か所で土砂崩れが確認できているなど、住宅地以外の地盤の弱さが問題にも注目が集まっていくことでしょう。

ちなみにワースト5つの都道府県は、

  • 43位 島根県 63.338点
  • 44位 徳島県 62.401点
  • 45位 岡山県 62.254点
  • 46位 新潟県 61.273点
  • 47位 高知県 60.669点

高知県は全国平均よりも10点程も低く、全体的に地盤が弱い場所が住宅地にも多いということがわかりますので、基礎や地盤改良工事などにも注意したいところ。

あくまでもビックデータを活用した算出ですので、不安を煽るものではないということですが、やはり地盤の強さは気になるもの。

また東京都のみ地域別のランキングを発表しており、

  • 1位 国分寺市 86.68点
  • 2位 西多摩郡瑞穂町 86.33点
  • 3位 小平市 86.05点

23区だけでだと

  • 1位 練馬区 80.59点(東京都16位)
  • 2位 杉並区 77.32点(東京都23位)
  • 3位 豊島区 74.90点(東京都28位)

という結果になっていますので、気になる人はこちらからさらなる詳細な情報をチェックしてみてください。

参照:地盤ネット総合研究所

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号 特許

第4000452号 「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。

皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全国宅地建物取引業協会連合会と全国宅地建物取引業保証協会が以前に発刊していた「住まいの購入ガイ...
  2. 再建築不可という言葉をご存知でしょうか?その名の通り、再建築ができない物件のことになります。
  3. 住まいづくりの情報提供を行っている一般財団法人住まいづくりナビセンターが、2017年12月に「...
  4. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  5. フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より...
  6. 2016年度の税制改正大綱が決定し、住宅関連の目玉は何と言っても、「空き家に係る譲渡所得の特別...
  7. 住環境研究所が行った「実現したい暮らしニーズ(もう一度建てるとしたらどんな住まいがいいのか)」...
  8. 中古住宅市場の活性化に向けた、「8つの提言」をご存知でしょうか?これは今年の5月に自由民主党の...
  9. 安倍政権の新・三本の矢の発表の中で、「三世代同居・近居」の推進が指示されたことを受けて国土交通...
  10. 大阪府住宅供給公社のリノベ団地といえば、ニコイチが代表的だと思います。