現場レポート&ニュース

2030年の住宅市況はこう変わる、野村総研の空き家予測は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野村総研が2030年の住宅市況に関する予測を発表しましたが、その際に対策として発表したのが、「新築権」。

野村総研が考える新築権は、新しく住宅を建設する場合には古い住宅の除却を義務付けるというもの。

だから空き家が増えない状態になるというものですが、不動産投資を行う層がいることを考えると、非現実的な話なのかもしれません。

海外の車のナンバー販売みたいなイメージで、新築権が転売されたりしたら、それはそれで新たな市場が生まれるので、面白い考えだとは思ったのですが・・・。

でもなぜそこまで野村総研が発言したのか、それこそが今後の住宅市況が明るくない状態だろということの裏付けなんです。

まず、新設住宅着工戸数の推移予測から発表すると、

  • 2016年:97万戸
  • 2020年:74万戸
  • 2025年:66万戸
  • 2030年:55万戸

このように新築住宅件数が右肩下がりに急降下する予測が出ていますが、それ以上に問題になえるのが空き家率。

  • 2013年:13.5%
  • 2018年:17.0%
  • 2023年:21.2%
  • 2028年:25.7%
  • 2033年:30.4%

僅か20年弱でほぼ2倍にまでなってしまうんです。2013年の20年前の1993年の空き家率は僅か9.8%ですので、4%ほどしか伸びなかったものが急上昇。

だからこそ、新築権という考え方まで発表する事態だということ。

新築住宅件数が伸び悩み、今後はリフォーム市場が伸びると言われていますが、野村総研の予測では、現状の5.6兆円とほぼ変わらない6兆円以下の金額で推移するという状態。

確かに日本の人口が伸び悩み、低下し始めていますので、不動産業界にもその影響が出てもおかしくないですが、これからの20年は本当に激変の時期になりそうな予感です。

住宅購入費用が下がれば良いのですが、先細りの状態だと価格の低下もそこまで起こらずに、都市部への集中が進むだけかもしれません。

いずれにしても住宅業界は転換期にあるということは明確なので、行政と業界が協力して、対応策を考えて早めに実行しないと、手遅れになってしまう可能性も。

2020年以前に方向性だけでも決めておかないと、オリンピック開催後の余波を受けてしまいそうな予感もしています。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 経産省がZEHビルダー登録制度の導入を行い、ZEH物件の本格的な普及を目指すこと、ZEHビルダ...
  2. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  3. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...
  4. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  5. 少し前から金融庁がアパートローンの加熱融資をめぐり、地方銀行の監視を強化していたことが話題にな...
  6. 宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が参議院本会議にて全会一致で可決され成立することが決定し...
  7. 2010年に制定された公共建築物等木材利用促進法の目的達成を目指し、2020年までに木造率3割...
  8. 現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上...
  9. 毎月12日はわんにゃんの日にちなんで行われたペットの飼育状況、不動産の見積り比較サイトである「...
  10. 安倍政権の新・三本の矢の発表の中で、「三世代同居・近居」の推進が指示されたことを受けて国土交通...