現場レポート&ニュース

駐車場ビジネスの選択肢が広がり、利便性も向上している!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車場ビジネスといえば、時間貸しのコインパーキングか月極の契約が主流となっていましたが、ここに来てシェアリングサービスやIoTとの連携で選択肢の幅が広がり始めています。

賃貸物件や分譲物件の空き駐車場問題に、シェアリングサービスが導入されることでスペースの無駄の解消+新たな収益源として期待されている状況。

修繕積立金が不足しがちな管理組合の新たな収益源としても、注目が集まっていると言えるでしょう。

例えば、大阪のakippaが運営するサイト上では、7500拠点から19000拠点までわずか1年半で倍増。

akippaはレオパレス21やシノケンなどの不動産会社とも連携し、法人営業や管理物件の駐車場の空きスペースの有効活用を提案している状態です。

東京では、軒先パーキングが人気で、3500台から7000台に倍増するまでこちらも1年半ほどの期間しかかかっていません。

軒先は自治体との連携を強化して、アイドルのコンサートやイベントなど臨時駐車場のスペースが必要になる際にも活用されているという強みがあります。

シェアリングサービスが急拡大している背景には、IoTの技術進歩でリアルタイムでの空きスペースの確認ができることや、オンライン決済の普及などがあるようです。

貸す側の手間も最小限、借りる側もスマホ1台で完了するので、利便性の高さが駐車場の選択肢の幅が拡大している背景。

最近はコインパーキングでも、ストッパーのないところが増えていますし、不正駐車も起こりにくい状況になっていますので、普及しやすい環境だということも大事な要素かもしれません。

いずれにしても、空きスペースや空き駐車場の有効活用は、オーナー側にもユーザー側にもメリットのあることですので、さらなる普及が期待できますね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中高層建築市場と言えば、地方などでもかなり需要の多い建築物で、商業施設と居住スペースを組み合わ...
  2. 戸建てやマンションなど、住宅の形は違えど、そこに対する不満は増加傾向にあり、特にお子さんが小さ...
  3. 先日も少し紹介しましたが、野村総合研究所(NRI)が今度数十年における空き家の予想を発表しまし...
  4. 東京都といえば、持ち家率が低い都道府県として有名で、総務局統計局が行った「平成25年住宅・土地...
  5. あなたは実際にどのような暮らしを実現したいと考えていますか。
  6. 木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表...
  7. 日銀によるマイナス金利が導入され、住宅ローンにも様々な影響が出てきました。
  8. 日本のZEHも徐々に見えてきました。
  9. 先日ご紹介したアマゾンリフォームに、ソニー不動産まで参入することが決定しました。
  10. 民泊は法的にはグレーゾーンにあることはここまで何度もお伝えしてきたので、既にご理解されていると...