現場レポート&ニュース

住生活基本計画(全国計画)を国交省が閣議決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省が、今後10年の住宅政策の指針として、新たな「住生活基本計画(全国計画)」を閣議決定したことを発表しました。これにより今後の住宅政策の方向性が決まり、住生活基本計画に則った施策が実施・検討されることになります。

特に今回のポイントとしては、少子高齢化と人口減少という大きな課題に対し比較的前向きに向き合った方向性での決定がなされていますので、そのあたりのポイントについて紹介したいと思います。

住生活基本計画のポイント

1)若年子育て世代と高齢者の住生活に関する目標を初めて設定
2)マンションの建て替え件数を昭和50年からの累計で500件とする成果指標を設定
3)空き家数を400万戸に抑制する目標を初めて設定
4)既存住宅とリフォームの市場規模を20兆円市場に倍増させる目標を設定

あくまでも骨子の部分だけであり、この先は住宅セーフティーネット機能などの強化部分に関しては、社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて小委員会を設置してより具体的な施策の策定検討を行うことで施策の実施につなげていく予定です。

1)に関しては、二世帯住宅を超えた三世代同居や近居を通じて、子供を産める環境や育てられる環境を整備することや、空き家を活用した住宅セーフティーネットの構築、高齢者やや認知症患者に対するソフト面が充実した高齢者向け住宅のガイドライン策定です。

2)、3)に関しては、既存住宅の質の向上や、購買意欲の洗い出しや資産価値の向上、海外のような長期的な資産としての住宅建築、既存住宅を空き家にするのではなくプレミアム中古住宅などにリフォームして流通促進を行うことで空き家の増加を抑制すること。

4)に関しては、木造住宅の供給促進や生産体制の整備(技術開発や若手の育成や確保)、IoT住宅など、住生活関連ビジネスの新規市場を創出するなどで住宅関連ビジネスの市場拡大。

このように様々な取り組みを通じて、新たに策定した住生活基本計画を実施することが今後の大きな課題になります。いずれにしてもZEHや民泊の方向性も決まってきましたので、住宅業界を取り巻く環境に変化が起こっていることは、間違いないと思います。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

 

ピックアップ記事

  1. 国土交通省が行った2016年11月の新設住宅着工戸数をチェックすると、貸家の着工数は前年比15...
  2. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  3. 住まいづくりの情報提供を行っている一般財団法人住まいづくりナビセンターが、2017年12月に「...
  4. 住環境研究所が行った「実現したい暮らしニーズ(もう一度建てるとしたらどんな住まいがいいのか)」...
  5. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...
  6. 国土交通省が公表した、「平成29年度国土交通白書」でわかったことは、大都市圏に住む20代の若者...
  7. 安倍政権の新・三本の矢の発表の中で、「三世代同居・近居」の推進が指示されたことを受けて国土交通...
  8. 法務省が行った相続登記未了土地調査の結果が公開されましたが、それによると50年以上も未登記の土...
  9. 先週お話したソニー不動産の不動産価格推定エンジンを中心とした中古住宅の成約価格算出サービスによ...
  10. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...