現場レポート&ニュース

マンションへの永住意識が過去最高を記録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省が行った「平成30年度マンション総合調査結果」の結果、マンションへの永住意識が過去最高を記録したことがわかりました。

5年ぶりに行われた今回の調査では、1,688件の管理組合と3,211件の区分所有者からの回答を元にアンケート結果を作成。

マンションへの永住意識は過去最高の62.8%(前回比10.4%増)という急激な伸びを見せ、ここ数年で一気に永住意識が高まったことが確認されています。

ちなみに昭和55年に行われた時のマンションへの永住希望は21.7%しかなく、約40年で3倍にも拡大していることがわかります。

マンションへの永住意識の上昇と反するように住み替え予定の人も昭和55年の57.0%から17.1%まで下降し、マンションが終の棲家になる人が増えていることも確認できます。

マンションに対する永住意識の高まりに合わせて、マンションに住む世帯主の年齢も上昇し、70歳以上が世帯主の家庭が初めて20%を超えて22.2%(前回比3.3%増)にまで到達しました。

ちなみに昭和54年以前に建築されたマンションにおける70代以上の割合は47.2%と高く、高齢者ほど築古のマンションに住んでいることがわかります。

築年数が古くなればなるほど、賃貸住戸があるマンションが増える傾向も確認され、さらに空室率も高いことも確認されました。

やはり築年数が古くなるほど、新規入居者の獲得が難しく、若い世帯は新築や築浅物件を好む傾向があるのでしょう。

マンションへの永住意識が高まっても、古い物件に住み続けるということではなく、適度な築年数の物件を選んで人が移動しているのでしょう。

戸建住宅だと空き家問題は顕著にわかりますが、マンションになると多少の空室があってもわかりにくい傾向があります。

住宅供給公社のように大規模なリノベーションを行ったり、自分でリノベーションできるような仕組みを取り入れるなどして、築年数の古い物件にも入居者がつくようにする仕組み作りが求められていますね。

参照:国土交通省 「平成30年度マンション総合調査結果


***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 株式会社フューチャープロパティが2019年2月末にリリース予定の不動産賃貸アプリが「AImov...
  2. 答えを先に言ってしまえば、今は組むことができます。
  3. 株式会社エヌ・シー・エヌが行った住宅の耐震意識と地震への備えに関する全国2,889名に行った調...
  4. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...
  5. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  6. 2018年6月15日に施行される民泊新法。
  7. 大和ハウスに住友林業、積水化学工業と相次いでハウスメーカーが高齢者住宅の運営に積極的に参入し始...
  8. 神奈川県横浜市が、全国初の取り組みとして、昨年12月に発表したのが「よこはま団地再生コンソーシ...
  9. 最近、木材スケルトン 外皮請負サービスが人気なのを知っていますか?木材・建築流通事業を推進して...
  10. 公的賃貸住宅の供給が不足していることで、国交省では空き家や空き室を活用した公的賃貸の充実を目指...