現場レポート&ニュース

空き巣対策大丈夫ですか?5人に1人が空き巣被害の体験あり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALSOKが行った調査で、

なんと5人に1人にあたる17.7%もの人が空き巣被害にあった経験があることがわかりました。

驚くことに、空き巣被害にあった後にも約半数の人が何も対策していないという状況で、そこまで深刻に受け止めていない現状が浮き彫りに。

今回のALSOKの調査では、日本国内に在住する20歳から69歳までの男女600人を対象にして行っており、空き巣被害が身近な出来事であることがわかっています。

これから夏休みやお盆休みなど、

長期間言えを留守にする機会が増えますので、帰宅後に空き巣被害にあっていたということがないように気をつけたいところです。

空き巣に入られても何も対策しなかったことで、なんと5.5%もの人が何度も空き巣被害にあっていますので、もしもの際には鍵を変えたり、増やしたりするなどの対策は必要でしょう。

今回の調査で興味深いのは、

空き巣に入られても困るものはないと答えつつも、実際に品目をあげると8割もの人が盗られて困るものがあると答えているところ。

多くの人が空き巣被害をそこまで身近なものであるということを認識していないことが伺えます。

ここ数年の景気の影響もあり、

多くの人が自宅に現金をほとんどおいておらず、なんと4割ほどの人は財布に1万円以下しか現金を入れていないので、そこまで困らないと答えているのかもしれません。

6割ほどの人が自宅で保管している現金は5万円以下で、5年前の調査と比べてキャッシュレス化が進んだこともあり、手元に現金を置いておく習慣がなくなっているのかもしれません。

とはいえ、やはり空き巣被害に合うと、気持ち悪かったり、新たな出費が増えるなどのデメリットがありますので、普段から施錠や空き巣対策は行っておきたいところ。

特に夏休みやお盆休みなどで長期間、家を留守にすることがわかっている人は、しっかり対策してくださいね。

出典:ALSOK

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 少し前から木造高層住宅に関する情報をお伝えしてきましたが、先日住友林業さんがW350計画を発表...
  2. 住宅を建築中の方は、こういったニュースにも耳を傾けて置いたほうが良いと思います。
  3. 団地リノベーションといえば、大阪府住宅供給公社の物件を紹介することが多いですが、神戸でも興味深...
  4. ブランド総合研究所が毎年行っている「地域ブランド調査2018」で北海道が10年連続の1位に選ば...
  5. 国土交通省が全国の空き家情報を集約して空き家の活用法を円滑に行えるような仕組み作りを前向きに検...
  6. 空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が...
  7. リフォーム市場の新たな需要の担い手になるのが、相続した戸建てのリフォームの可能性があります。
  8. やはりこういう展開になりました。
  9. 空き家問題が、将来的な様々なリスク要因であることが認知されていますが、空き家が増える原因のひと...
  10. 中古住宅市場の活性化に向けた、「8つの提言」をご存知でしょうか?これは今年の5月に自由民主党の...