現場レポート&ニュース

空き巣対策大丈夫ですか?5人に1人が空き巣被害の体験あり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ALSOKが行った調査で、

なんと5人に1人にあたる17.7%もの人が空き巣被害にあった経験があることがわかりました。

驚くことに、空き巣被害にあった後にも約半数の人が何も対策していないという状況で、そこまで深刻に受け止めていない現状が浮き彫りに。

今回のALSOKの調査では、日本国内に在住する20歳から69歳までの男女600人を対象にして行っており、空き巣被害が身近な出来事であることがわかっています。

これから夏休みやお盆休みなど、

長期間言えを留守にする機会が増えますので、帰宅後に空き巣被害にあっていたということがないように気をつけたいところです。

空き巣に入られても何も対策しなかったことで、なんと5.5%もの人が何度も空き巣被害にあっていますので、もしもの際には鍵を変えたり、増やしたりするなどの対策は必要でしょう。

今回の調査で興味深いのは、

空き巣に入られても困るものはないと答えつつも、実際に品目をあげると8割もの人が盗られて困るものがあると答えているところ。

多くの人が空き巣被害をそこまで身近なものであるということを認識していないことが伺えます。

ここ数年の景気の影響もあり、

多くの人が自宅に現金をほとんどおいておらず、なんと4割ほどの人は財布に1万円以下しか現金を入れていないので、そこまで困らないと答えているのかもしれません。

6割ほどの人が自宅で保管している現金は5万円以下で、5年前の調査と比べてキャッシュレス化が進んだこともあり、手元に現金を置いておく習慣がなくなっているのかもしれません。

とはいえ、やはり空き巣被害に合うと、気持ち悪かったり、新たな出費が増えるなどのデメリットがありますので、普段から施錠や空き巣対策は行っておきたいところ。

特に夏休みやお盆休みなどで長期間、家を留守にすることがわかっている人は、しっかり対策してくださいね。

出典:ALSOK

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大阪府住宅供給公社といえば、DIY賃貸住宅の「団地カスタマイズ」を発表したり、ニコイチのリノベ...
  2. 中古マンションやヴィンテージマンションに対するリノベーション需要が高まり、現在新規参入や相次ぐ...
  3. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  4. 中高層建築市場と言えば、地方などでもかなり需要の多い建築物で、商業施設と居住スペースを組み合わ...
  5. 住宅金融支援機構は、中古住宅購入時に省エネルギー性能や耐震性などを向上させる性能向上リフォーム...
  6. ここ最近、ネット通販の拡大で宅配ドライバーの不足や、再配達問題など様々なことが起因し、宅配ボッ...
  7. 観光庁が民泊の新たなルールとして、「仲介+管理」をセットにした事業スキームの構築を検討し始めま...
  8. 京都市には、民泊施設がおよそ2700ほどあることがわかっていますが、その中で旅館業法の許可を取...
  9. 3月10日に住宅宿泊事業法案(民泊新法)が閣議決定され、最大180日までの民泊が可能になり、特...
  10. 東洋経済新報社が全国814都市を対象にして、毎年公表している「住みよさランキング」の近畿地方版...