現場レポート&ニュース

ZEH普及にPV設置(太陽光発電システム)コストゼロ提案が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)を設置しなければ意味がありません。

実際の顧客動向を調べている中でわかったことが、PV設置費用に対する負担と、ZEHのメリットを伝えきれないという現状。

特に新築戸建てでは、初期コストをどこまで下げられるのか?ということも非常に大切な要素で、その際のPV設置費用がネックになることも当然のこと。

そこでここ最近のビルダーの傾向として、PV設置費用を負担したり、実質ゼロコストでZEH対応の戸建てを建築する方法。

今回紹介するのは、実質無料でZEH新築を建てる方法と、第三者所有モデルという違った角度からの業界の取り組みです。

ひとつめは、実質無料でZEH新築を建てる方法。

これはいくつかの企業が既に取り組みを開始していますが、紹介するのはLIXILと東京電力エナジーパートナーが新たに10月から始めるサービス。

LIXILの高性能商品を建築材に使用する人を対象に、10年間の返済期間でPVの割賦販売を行うものですが、PVの余剰電力を売電した収益をPVにコストに当てることで、実質無料でZEH対応させる方法。

これはLIXILの商品をどこまで盛り込むのかで、電気料金を安くするプランも盛り込みつつ、電力の小売り対応も行うことで毎月の電気代金も安くなる模様。

ふたつめは、第三者所有モデルでZEH対応にする方法。

これが日本エコシステムが行っている「じぶん電力」を活用し、PV設置費用を負担して貰う方法。

PV発電分の電力+夜間使用分を日本エコシステムに支払うことで、5%ほど電気代が安くなる計算で、アメリカなどでは既に普及しているビジネスモデル。

これらの取り組みで、ZEH普及に必要な太陽光発電システムの設置費用が安くなれば、官民が連携して進めているZEHの普及目標に少しでも近づける可能性もあります。

今後、これらのサービスがどんどん出てくることも予想されていますので、ZEHの普及はなんとか拡大していくと良いのですが。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. ALSOKが行った調査で、 なんと5人に1人にあたる17.7%もの人が空き巣被...
  2. 高級ブランドが各国に進出する際の一つの指標となる総合不動産サービス大手のJLLが2016年の最...
  3. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  4. 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運用していたスマートデイズですが、自主再建を断念して民...
  5. 政府は9月9日に行われた国家戦略特区諮問会議で、国家戦略特区限定としながらも一般住宅に旅行客を...
  6. 日本のZEHも徐々に見えてきました。
  7. 国土交通省が2017年の地価公示を発表し、住宅地は9年ぶりの下げ止まり(0.022%上昇)と状...
  8. 先日も小田急電鉄の沿線の空き家問題に対する解決方針を紹介しましたが、今回は阪急阪神沿線の空き家...
  9. アメリカでは日本より早い段階(2008年)に公表しており、2020年までに全ての新築住宅をZE...
  10. 2018年6月15日に施行される民泊新法。