現場レポート&ニュース

ZEH普及にPV設置(太陽光発電システム)コストゼロ提案が増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)を設置しなければ意味がありません。

実際の顧客動向を調べている中でわかったことが、PV設置費用に対する負担と、ZEHのメリットを伝えきれないという現状。

特に新築戸建てでは、初期コストをどこまで下げられるのか?ということも非常に大切な要素で、その際のPV設置費用がネックになることも当然のこと。

そこでここ最近のビルダーの傾向として、PV設置費用を負担したり、実質ゼロコストでZEH対応の戸建てを建築する方法。

今回紹介するのは、実質無料でZEH新築を建てる方法と、第三者所有モデルという違った角度からの業界の取り組みです。

ひとつめは、実質無料でZEH新築を建てる方法。

これはいくつかの企業が既に取り組みを開始していますが、紹介するのはLIXILと東京電力エナジーパートナーが新たに10月から始めるサービス。

LIXILの高性能商品を建築材に使用する人を対象に、10年間の返済期間でPVの割賦販売を行うものですが、PVの余剰電力を売電した収益をPVにコストに当てることで、実質無料でZEH対応させる方法。

これはLIXILの商品をどこまで盛り込むのかで、電気料金を安くするプランも盛り込みつつ、電力の小売り対応も行うことで毎月の電気代金も安くなる模様。

ふたつめは、第三者所有モデルでZEH対応にする方法。

これが日本エコシステムが行っている「じぶん電力」を活用し、PV設置費用を負担して貰う方法。

PV発電分の電力+夜間使用分を日本エコシステムに支払うことで、5%ほど電気代が安くなる計算で、アメリカなどでは既に普及しているビジネスモデル。

これらの取り組みで、ZEH普及に必要な太陽光発電システムの設置費用が安くなれば、官民が連携して進めているZEHの普及目標に少しでも近づける可能性もあります。

今後、これらのサービスがどんどん出てくることも予想されていますので、ZEHの普及はなんとか拡大していくと良いのですが。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 4月1日になり、環境が変わられた方も多いと思います。
  2. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...
  3. 全宅連と全宅保証が行った「住まい方の意識トレンド調査」で、若い世代ほど二地域居住に興味があるこ...
  4. 2018年に大きな問題になった【引っ越し難民】というフレーズを覚えていますか?...
  5. 東洋経済新報社が全国814都市を対象にして、毎年公表している「住みよさランキング」の近畿地方版...
  6. 株式会社フューチャープロパティが2019年2月末にリリース予定の不動産賃貸アプリが「AImov...
  7. 空き家問題が、将来的な様々なリスク要因であることが認知されていますが、空き家が増える原因のひと...
  8. 東京都葛飾区で2018年4月に開演予定だった認可保育園が、建設業者の資金繰りの悪化で工事が中断...
  9. 先週は台風21号が日本を縦断し、北海道では「平成30年北海道胆振東部地震」が起こり、日本中の様...
  10. 民泊は法的にはグレーゾーンにあることはここまで何度もお伝えしてきたので、既にご理解されていると...