現場レポート&ニュース

再建築不可物件が市場に増えてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再建築不可という言葉をご存知でしょうか?その名の通り、再建築ができない物件のことになります。物件が再建築不可になる一番多い理由は、建築基準法に定められた「接道義務」を満たさないことです。

接道義務とは、
都市計画区域および準都市計画区域内の土地は、建築基準法による道路に2メートル以上が接していなければ建築確認を受けることができない。というものです。

つまり2メートル以上の道路に面している必要があるのです。ここで注意をしなければいけないのは、道路と通路は違うということです。

東京都内には、7万6,300戸程の再建築不可物件があり、大阪市では6万3,200戸程ではないかと考えられています。

どの地域にも再建築不可物件はあり、今までは投資対象として、敬遠されてきましたが、最近の不動産投資ブームの流れを受け、利回りの高い再建築不可物件にも注目が集まり始めました。

だたし気をつけなければいけないこと、再建築不可物件は、どんな物件でも再建築不可だということ。単なる投資利回りだけを考えると魅力的に見える物件も、中長期での保有や出口戦略を考えた時には、厳しいこともあるということです。

再建築不可物件の近所の土地や家を買い増し、再建築可能にしてしまうという強者もいますので、そこまで体力があれば、そういう投資も面白いかもしれません。

再建築不可物件のリフォームに、ラーメンフレームを使い、強度をしっかり保ち、中長期で住める家にするなんてこともできますので、もしリフォーム等で強度を出したい場合には、お気軽にご相談下さい。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  2. ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)をご存知ですか? 高断熱外皮・高性能...
  3. リクルート住まいカンパニーが3ヶ月毎に行っている「住まいの買いどき感」調査の6月度の結果が発表...
  4. 前回もお伝えしましたが、再建築不可物件まで投資対象が広がってきました。
  5. 最近、木材スケルトン 外皮請負サービスが人気なのを知っていますか?木材・建築流通事業を推進して...
  6. 毎年行われている「住んでみたい街ランキング」の本年度の集計結果が出ました。
  7. 中古マンションやヴィンテージマンションに対するリノベーション需要が高まり、現在新規参入や相次ぐ...
  8. 国土交通省が主体となって進めている長期優良住宅化リフォーム推進事業の通年タイプの申請が先日より...
  9. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  10. 住宅購入者の都市伝説のひとつに「家を買うと転勤になる」という噂があります。