現場レポート&ニュース

マイホーム購入者の9割が感じたことと必要な改善ポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイホーム購入者の9割が感じたことと必要な改善ポイントは?

マイホームを実際に購入した人が購入前と購入後にどう感じたのか?

購入前の理想と購入後の現実について、株式会社住環境ジャパンがアンケートを行った結果が発表されました。

今回のアンケートでは、対象者を30~40代未就学子育て世代の住宅購入経験者に絞って行っていますので、子供が生まれたことをきっかけに住宅購入を考えている人は参考になるかもしれません。

住宅購入の理想と現実、どう違うのか簡単に解説すると

項目 購入前の理想 購入後の現実
予算について 予算内で収まる 33.1% 予算オーバー 44.3%
間取りについて イメージ通り 20.8% 間取りが失敗 19.3%
日当たりについて 日当たりがよい 19.4% 日当たりが悪い 10.0%
設備について 充実した設備 8.9% 設備が使いにくい 8.6%

かなり多くの人が、理想と現実のギャップを感じているのというのが実際に住宅を購入した人の声です。

住宅購入に成功した人と失敗したと感じている人のエピソードを紹介すると、

成功エピソード

  • 他社と相見積もりをしたり、事前に知識をつけて交渉したので納得の値引きができた
  • 設計担当の人と綿密に打ち合わせをしたので理想に近づいた
  • ハウスメーカーの人が好立地の土地を紹介してくれたのでスムーズに住宅が購入できた
  • 棟梁たちとしっかり相談して設計できたのでイメージに近い家になった

失敗エピソード

  • 知り合いの工務店に頼んだので文句や注文を言いにくかった
  • 購入後のリフォームで修正点が多く、料金が割高になってしまった
  • 日当たりが悪くて失敗。様々な時間帯やいろいろな天候でチェックすればよかった
  • 最初にしか頼めないオプションをもっと付ければよかった

成功エピソードも失敗エピソードも参考になるものばかりで、「相見積もりをとって事前準備をして、満足できるまで話し合いをする」のが、住宅購入で失敗リスクを抑えるポイントかもしれません。

ちなみにこのアンケートの最後に住宅購入者に欲しいサービスを聞いていますが、「一貫したワンストップサービス(購入から設計、工事まで)」が最も多かったようです。

今回のアンケートを行った株式会社住環境ジャパンでは、ワンストップリノベーションは『ReoLabo』というサービスを提供。

中古住宅購入からリノベーション工事、物件探しから工事完了引渡しまで、施工会社が直接施工&一つの窓口で提供していますので、そういったサービスを使うのも方法のひとつかもしれません。

参考:ReoLabo(リオラボ)

住宅購入は失敗できないものですし、その後の人生にも大きな影響を与えますので、慎重に物件選びからリフォームやリノベーションなどを行ってくださいね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 全宅連と全宅保証が行った「住まい方の意識トレンド調査」で、若い世代ほど二地域居住に興味があるこ...
  2. SUVACO(スバコ) 株式会社 が行った658事例のフルリノベーションで部屋数がどうなるのか...
  3. 再建築不可という言葉をご存知でしょうか?その名の通り、再建築ができない物件のことになります。
  4. 将来的な空き家問題が騒がれていますが、その傾向が強く出ていることを再認識させるような調査結果が...
  5. 毎年行われている「住んでみたい街ランキング」の本年度の集計結果が出ました。
  6. 先日国交省が発表した「賃貸住宅管理業者登録制度の改正」が9月1日より施行されているが実際にサブ...
  7. 新型コロナの影響で住宅ローン返済に困った時の対処法は?
    新型コロナの影響で住宅ローン返済に困っている人もいるかもしれませんが、そんな時にどうしたら良い...
  8. 木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表...
  9. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  10. 国交省の社会資本整備審議会・住宅宅地分科会が進めている新制度の「セーフティーネット住宅」の基本...