現場レポート&ニュース

フリーレントで引っ越し難民対策ができる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーレントで引っ越し難民対策ができる?

2019年の引っ越し難民は、官民が連携して引っ越しの繁忙期をずらそうという試みを行っていますが、それでも引っ越しの繁忙期は予約が集中しています。

国土交通省も4月8日以降の引っ越しなら、予約状況も少しは改善しているので、そのタイミングでの引っ越しを推奨し始めました。

でも既に新生活が始まっている時期だから、そこまで先延ばししてしまうと新生活にも影響が出てしまうし、無駄なお金を使いたくないというのが実情ではないでしょうか?

そんな時に活用できる方法のひとつにフリーレントという考え方があるかもしれません。

フリーレントとは家賃の無料期間のことなので、今の賃貸物件の家賃を払いつつ、新しい家も無料で確保できるので引っ越し時期を大幅にずらすことができます。

引っ越し時期をずらせれば、引っ越し費用も安くできますし、その間は新居に最低限の荷物で住んでしまうということもできるでしょう。

引っ越しの繁忙期でも、宅急便であれば送料が高くなるということはありませんので、生活必需品のみを先送りするということもできます。

2019年にフリーレントを全面に押し出して、新生活を応援しているのが、【株式会社タケダサービス】という不動産会社。

2019年1月から3/末までの期間に『新生活応援期間』キャンペーンを実施しており、最大4ヶ月のフリーレント(家賃無料期間)をサービスとして提供しています。

引っ越し時期が1ヶ月ずれるだけでも、引っ越し費用は半額近くまで安くすることができますので、フリーレントを活用するのはメリットがあります。

東京都練馬区の物件を中心に紹介している会社のようなので、他の地区にはあまり強くないかもしれません。

しかしフリーレントという方法をうまく活用することができれば、2019年の引っ越し難民対策にもひとつの解決策になり得るということです。

賃貸契約する際にフリーレントが使えないか?という一言を聞いてみるのもありかもしれませんね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************


 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大阪府議会で民泊条例が成立しましたので、これで大田区と並んで大阪のホテル不足が解消されると良い...
  2. 2019年のゴールデンウィークは、10連休という人も多いのではないでしょうか?...
  3. アメリカでは日本より早い段階(2008年)に公表しており、2020年までに全ての新築住宅をZE...
  4. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...
  5. 不動産物件所有オーナーの民泊離れが進んでいることが、アンケートの結果でも顕著に現れていることが...
  6. 民泊は法的にはグレーゾーンにあることはここまで何度もお伝えしてきたので、既にご理解されていると...
  7. 首都圏不動産公正取引協議会がおとり広告を掲載していた42業者に対して、広告掲載の取りやめを要請...
  8. 不動産テックという言葉をご存知でしょうか?金融分野のフィンテックに対抗して、不動産とITの融合...
  9. コリビングサービスという定額を支払うことで、複数の家に住めるプランがありますが、それを活用する...
  10. 国交省が主体になり新たな住宅セーフティーネットとして最近流行りのシェアハウスを活用しようという...