現場レポート&ニュース

リフォームの平均費用は759.6万円で上昇傾向に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅リフォーム推進協議会が、平成28年9月~平成29年8月に住宅リフォーム工事の施工が完了した物件に関するアンケート調査の結果を報告。

昨年よりも20.9万円ほど高い759.6万円で上昇傾向にあることが分かりました。

内訳は、戸建ての平均額が758.8万円、マンションの平均額が720.2万円となり、戸建てもマンションも上昇傾向にあることがわかっています。

ただ平均値と中央値に大きな隔たりがあり、大規模修繕工事を行っているマンションが増えている傾向が。

ちなみに全体の中央値は432万円、戸建てで413万円、マンションは555万円で戸建てのみ減少傾向に転じている状況。

新築物件の価格が向上していることもあり、中古の戸建てやマンションを購入し、リフォームをしてから入居する家庭が増えている傾向が強く、中古住宅購入では、46.4%が入居前後にリフォームを行っている事がわかっています。

特に家族環境や家族の年齢の影響を受けている傾向が。

30代以下のリフォームの目的は、

  • 中古住宅の購入に合わせて
  • 世帯人員の変更
  • 相続等による所有者の入れ替え

60代以上のリフォームの目的は、

  • 高齢化対応

という理由が突出しており、30代以下の戸建てでは「中古住宅の購入に合わせて」が前年の23.0%より上昇。

官民挙げての空き家対策の効果が出ているようにも思われます。

実際に30代以下では、中古物件の購入と同時にリフォームを行う人が、全体の6割を占めており、使い勝手の改善・老朽化への対応、省エネ対応を目的としたリフォーム工事が多い傾向が。

その際の業者選定もインターネットを活用するなど、若い世代ほどネットを上手く活用して、よりよい条件の業者を探している様子も伺えます。

参照:(一社)住宅リフォーム推進協議会

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016年4月の熊本地震をきっかけに、新耐震住宅でも耐震性能の確認が必要だという見解が強くな...
  2. 日本人の多くがきれい好きだと思っていますが、世界各国の掃除にかける時間やお掃除事情を知ることで...
  3. 少し前にも話題になった50年以上未登記の土地問題ですが、今後その傾向がさらに高まり、どんどん所...
  4. 2013年に政府の策定した「待機児童解消加速プラン」における50万人分の保育の受け皿の確保達成...
  5. 国土交通省が、今後10年の住宅政策の指針として、新たな「住生活基本計画(全国計画)」を閣議決定...
  6. 無印良品と言えば、シンプルなデザインや高い機能性、値段の安さで都心部の女性を中心に非常に高い人...
  7. ここ数年のインバウンド需要の高まりの中で、急激に伸びてきているのがベトナム人です。
  8. 4月16日に発生した熊本地震、震度7が2回だけではなく震度5弱以上が15回以上も起こり、現時点...
  9. ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)...
  10. 宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が参議院本会議にて全会一致で可決され成立することが決定し...