プレスリリース

初期費用を最小限に抑えて、ご自宅を購入できます。

  • 2015.5.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KEN NETWORKでは、住宅購入の際に問題になる頭金という部分をどうにか解決できないかと様々方向から考えてきました。その結果、KEN NETWORKに参加する各社が協力する形で、頭金の部分をカバーして住宅購入を行なって頂く仕組みを作ることが出来ました。

名づけて【4万円で家が建つ】という仕組みです。この4万円は住宅購入の際に行うローンの証紙代金ですので、法的にどうしても必要になる部分です。しかしそれ以上の初期費用のご負担を行なっていただかなくとも大丈夫です。

スクリーンショット 2015-03-29 18.54.28

この仕組みの良い所は、

・希望の地域を選ぶことができる。
・注文住宅のようなお客様に合った家を建てることができる。
・設計・施工・ローン専門のスタッフによるフルサポートがある。
・フラット35S対応なので、長期にわたり安心して住める。
・太陽光発電が屋根についており、支払いの味方になってくれる。
・建売業者を完全にカットすることで、価格を下げることができる。
・サラリーマンは3年、自営業者の方は5年以上の勤続があればできる。
・多少の金融事故があった方でも対応することができる。
・頭金を用意出来ない人でも、対応することができる。

パッと思いつくだけでも、これだけあります。これも全てKEN NETWORKの協力会社の尽力があってのことですので、他社様では難しいかと思います。

住宅購入の際のネックになるローン付けも有能な担当者を数名用意しておりますので、お客様の状況に合わせてご対応させて頂くことができるかと思います。過去に他社で断られてしまった方でも、住宅ローンを組む方法はあります。

まずはこちらのページをご参照の上、お申込み下さい。折り返し資料をお送りいたします。

皆さんに夢のマイホームをお持ちいただくことが、KEN NETWROKの喜びであり、務めであると考えております。一生に一度しか無い買い物だからこそ、少ないコストでよりご満足頂けるご自宅を提供させて頂きます。

                                   一級建築士事務所 株式会社 賢

ピックアップ記事

  1. 住まいづくりの情報提供を行っている一般財団法人住まいづくりナビセンターが、2017年12月に「...
  2. 4月1日になり、環境が変わられた方も多いと思います。
  3. 2016年3月に閣議決定された新住生活基本計画での目標である「住宅の確保に特に配慮を要するもの...
  4. 経済通産省が2020年までに工務店等が作る新築戸建住宅の半数のZEH化を目標に掲げていますが、...
  5. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  6. 少し前から金融庁がアパートローンの加熱融資をめぐり、地方銀行の監視を強化していたことが話題にな...
  7. ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)...
  8. 不動産物件所有オーナーの民泊離れが進んでいることが、アンケートの結果でも顕著に現れていることが...
  9. 共働き世帯にとって、子育てしたすい街に住むかどうかということは非常に大きな課題だと思います。
  10. 国土交通省が2016年版の公示地価を発表しました。