現場レポート&ニュース

京都の民泊の実情とは?許可取得は1割未満という現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市には、民泊施設がおよそ2700ほどあることがわかっていますが、その中で旅館業法の許可を取得しているのは、なんと7%しかおらず93%もの民泊施設が無許可で運営していることがわかりました。

しかも2700施設の内の半数以上が所在地の特定ができなかったことがわかっています。つまり隠れた民泊がいたるところに存在しているということで、京都市と京都府警が連携して今後の民泊対策を行っていくことを発表しました。

また民泊施設として利用されているのは、3分の2が集合住宅であることも今回の調査で分かりました。Airbnb等の民泊サービスに掲載されている2702施設の中で、戸建てが935件、集合住宅が1677件、その他90件という内訳になっています。

まだまだ民泊施設に対する理解が進んでいないこと、集合住宅が多く戸建てと違い希薄な近隣居住者との関係が今後の民泊にも影響を与えることが考えられます。特に集合住宅の場合は、外国人旅行者との共有スペースでの混在や旅行者と生活者の生活時間の違いなどによるトラブルが起こることが考えられますので、この辺りをどうするのかというのが重要なポイントになってきます。

そういったこともふまえ、ネクストがLifull Stayという旅館業法に則って営業許可を取得済の適法な民泊施設のみを掲載する新たな民泊予約サービスを6月から開始するなど正規民泊業者との様々な差が生まれることが予想されます。

本来であれば正規登録が必要な民泊も、Airbnbのような民間サービスが先行する形で広がってきた経緯があるためになかなか法整備もサービスの整備も追いついていないところがありますが、今年1年でどこまで管理ができる様になるのか?というのが非常に大事なポイントです。

2020年の東京オリンピックに向けて更なる民泊の盛り上がりも予想されますし、関空を主体として多くの訪日外国人が増えている現状を考えると、更なる民泊施設の増加も予想されますので、大きなトラブルに発展しないように今後の展開をしっかり考えて進めてもらいたいものです。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 民泊という言葉が一般に浸透するにつれて、様々な問題に浮かび上がってきました。
  2. 将来的な空き家問題が騒がれていますが、その傾向が強く出ていることを再認識させるような調査結果が...
  3. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。
  4. 木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表...
  5. 不動産情報サイトの「LIFULL HOME'S」を運営するLIFULL(ライフル)がA...
  6. 戸建てやマンションなど、住宅の形は違えど、そこに対する不満は増加傾向にあり、特にお子さんが小さ...
  7. 相続税対策に効果的だと、大手建設会社と地方銀行が積極的にタッグを組んで、アパートローン融資の拡...
  8. 民間の賃貸住宅や空室を活用することで話題になった準公営住宅制度が、10月25日から始動しました...
  9. 2016年4月の熊本地震をきっかけに、新耐震住宅でも耐震性能の確認が必要だという見解が強くな...
  10. 法務省が行った相続登記未了土地調査の結果が公開されましたが、それによると50年以上も未登記の土...