現場レポート&ニュース

空き家を介護住宅に!?政府がその方針を示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空き家率が上昇しています。そこで政府は様々な施策を行ってきましたが、今度は都内の空き家(空き家率11.1%)に目をつけて、介護住宅としての運用を模索し始めました。

安倍総理の掲げる「1億総活躍社会の」中に含まれている「介護離職ゼロ」につなげる狙いもあると見られ、今後の動向に注目が集まりそうです。実は現在の試算でも既に関東地方の1都3県では、2037年には13万人分もの介護施設が不足する事がわかっています。

その先の2042年には160万人の年間死亡者のうち47万人は死に場所が定まらないみとり難民になることが予想されています。こういった傾向が続くこと、今後も空き家が解消される目星が立たないことなどが今回の判断の一因にあるように思われます。

ただ政府の空き家対策は過去にも何度も行われてきましたが、その度に制度の悪用が後を絶たず、2014年には大阪で2200万円もの補助金を不正受給されている事件等も明らかになっているので、この方針がどう進むのか?不正などは起こらないのか?注目が集まるところです。

政府の試算では、厚労省と国交省、経産省が連携して行い、平成28年にも事業費用の計上が求められていますが、3省庁が連携することでより話し合いが難航することも考えられますし、そこに自治体や民間企業、医療機関なども関わってきますので、まずは中心の部分の骨格を先に決めないと企画倒れとなってしまうことも懸念されます。

この空き家の介護住宅としての運用がうまくいくのか?非常に気になるところですが、空き家といえばシェアハウスやそこで行われる民泊への貸出等もありますので、そういった部分で空き家のオーナーがどちらにカジを取るのかも見ておくと面白いと思います。

個人的には、この先の貧困化なども考えると、空き家を簡易リフォームしてシェアハウスとして貸し出すほうがよりスムーズな事業化が出来るのではないかと考えています。スマートハウスさんなどは女性限定で2000棟のシャアハウスを運営していますし、東京シェアハウスさんなどもアメリカに企業進出するなど、シェアハウス業界の勢いがありますので、非常に面白いと思います。


********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. この「サブリース借り上げ家賃の減額リスクの説明不足」だんだん大きな問題になってきましたね。
  2. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  3. イギリスも日本より早い段階(2007年)に公表しており、2016年までに全ての新築住宅をZEH...
  4. 2018年6月15日に施行される民泊新法。
  5. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  6. 不動産のビッグデータを利用して様々なコンサルティング業務を行っているスタイルアクト株式会社が新...
  7. 毎年恒例のSUUMO住みたい街ランキング2018年関東版が公開され、なんと1位は東京都からの選...
  8. 2030年以降は首都圏以外のすべての地域で2010年の世帯数よりも減少する。
  9. 相続税対策に効果的だと、大手建設会社と地方銀行が積極的にタッグを組んで、アパートローン融資の拡...
  10. 全宅連と全宅保証が行った「住まい方の意識トレンド調査」で、若い世代ほど二地域居住に興味があるこ...