現場レポート&ニュース

木造高層ビルの登場か?国内初3時間耐火部材が認可を受けた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表。

以前も新潟に木造5階建て賃貸を建てる際の部材に使用されたと紹介したことがある、山形県の株式会社シェルター。

その際にも話題になったのが、独自開発した2時間耐火部材のCOOL WOODですが、今回はさらに耐火性能を強化して、3時間耐火部材として認可されたようです。

この結果、シェルターの素材を利用すれば、法律上の階数制限がなくなり、15階建て以上の高層ビルでも木造構造で建築することが可能に。

COOL WOODでは核となる木材を石こうボードで囲み、外側をさらに木材で覆った3重構造だったものが、今回の部材は、石こうボードを4枚重ねにすることで3時間耐火の性能を確保した模様。

ちなみに木造による最高層建築物は、世界では18階建てのカナダのブリティッシュ・コロンビア大学の学生寮。

日本国内では、山口県長門市が着工した5階建ての新庁舎と新潟県の大和不動産の賃貸物件が最高で、東京都中央区では、11階建てが計画されている状況。

ただ実際に15階以上の木造高層ビルが建築されるというよりも、各素材の特性を生かすために鉄骨造や鉄筋コンクリート造、木造を併用したハイブリッド構造が主流になるでしょう。

世界的には数年前からCLTを使った建築物が立ち始めている流れがあるので、日本でもこのシェルターの技術を活用した建造物が増えるかもしれませんね。

CLTとは、Cross Laminated Timber=クロス・ラミネーテッド・ティンバーと呼ばれる集合材のこと。

名前の通り、繊維方向に揃えたラミナと呼ばれる板をクロスに重ねて接着剤で圧着した木材で、日本名は直交集成材。

日本の場合は、CLTを使っても3階までしか建築できませんが、新たな建築材が開発されることで、また色々変わってきそうですね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンビニ大手のセブンイレブンが民泊事業に参加。
  2. 観光庁が民泊の新たなルールとして、「仲介+管理」をセットにした事業スキームの構築を検討し始めま...
  3. 戸建てやマンションなど自己所有物件の場合、経年劣化や生活環境の変化でリフォームが必要になること...
  4. 不動産のビッグデータを利用して様々なコンサルティング業務を行っているスタイルアクト株式会社が新...
  5. 新築でマションを購入したいとお考えの方も多いと思います。
  6. CCRCという言葉をご存知でしょうか? CCRCとはContinuing Care Ret...
  7. UR都市機構が、日本最大級のファッションイベントの神戸コレクションとのコラボ企画を発表。
  8. SUVACO(スバコ) 株式会社 が行った658事例のフルリノベーションで部屋数がどうなるのか...
  9. 住宅金融支援機構は、中古住宅購入時に省エネルギー性能や耐震性などを向上させる性能向上リフォーム...
  10. これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威か...