現場レポート&ニュース

住宅セーフティーネットが住宅弱者対策の中間報告を実施!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国交省の社会資本整備審議会・住宅宅地分科会が進めている新制度の「セーフティーネット住宅」の基本骨子が決まりつつあります。先日行われた中間報告では公営住宅以外への住宅セーフティーネット拡充や民間賃貸住宅の空き家・戸建て空き家の活用などの施策が盛り込まれるなど住宅弱者への手厚いサポートが軸になっています。

国交省が行った調査によると従来の高齢者だけではなく、貧困層が子育て世帯や若者の単身世帯などに増えており、現在の160万世帯を今後は更に増加する傾向にあることがわかっています。しかしその受け皿になる公営住宅は減少するなど相反する状態にあるために空き家の活用を軸に制度の拡大を行う方針で議論が進んでいます。

今回のセーフティーネット住宅が従来の住宅弱者へのサポートと大きく違う点は、民間賃貸住宅の空き室や戸建て空き家の活用を視野にいれている部分です。これは今後空き家が増えることを踏まえての対策であり、双方にメリットがある決断になりそうです。

ただ現在空き家や空き室になっているところでは、耐震性の不備やバリアフリー不適合などの状況も散見するので、その部分を国が補助金を出すことで改修することも視野に入っています。さらに一歩踏み込んで、地方公共団体が管理する空き家バンクとも連携し、そこに掲載されている空き家の活用も検討。

今回のセーフティーネット住宅では、高齢者や子育て世帯だけではなく、低所得者・障害者・外国人なども対象にすることでより現状の住宅弱者を救済できるように考えられており、地方自治体がより柔軟性をもって対応することが決定しています。

今回はあくまでも中間報告ということでこのような話が出てきていますが、まだまだ現実を反映しきれていないこともあり、さらなる意見討論会を通じてより多くの住宅弱者を救済することができる制度を制定することを念頭に置いて法改正や予算要求なども含めて更なる議論が行われる予定です。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 毎年行われている「住んでみたい街ランキング」の本年度の集計結果が出ました。
  2. UR都市機構が、日本最大級のファッションイベントの神戸コレクションとのコラボ企画を発表。
  3. リクルート住まいカンパニーが3ヶ月毎に行っている「住まいの買いどき感」調査の6月度の結果が発表...
  4. 空き家対策特別措置法が2015年5月に施行されてから1年余りが経過し、様々な形で空き家活用法が...
  5. 木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表...
  6. 住まいづくりの情報提供を行っている一般財団法人住まいづくりナビセンターが、2017年12月に「...
  7. 4月16日に発生した熊本地震、震度7が2回だけではなく震度5弱以上が15回以上も起こり、現時点...
  8. 先日大田区で行われた民泊セミナーも100名の募集に対して200名の応募と非常に多くの人が民泊で...
  9. 民泊仲介サイトでも世界最王手のAirbnb(エアビーアンドビー)に対して、公正取引委員会が立ち...
  10. ここ最近の建築業界で目指す方向のひとつに、ZEHの普及がありますが、PV(太陽光発電システム)...