現場レポート&ニュース

中古住宅の成約価格算出サービスが活用できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上げたいと考えていますが、それでも欧米の70〜80%の数値には足元にも及びません。

欧米の中古住宅の流通量が多いのは、中古住宅でも資産価値があるからという理由があります。逆を言えば日本の住宅の場合買った瞬間に値下がっているので、全く状況が違うという現実がありますが、この先人口減少が当然の課題として残っていますし、空き家問題もありますので、国家的にもしっかりと取り組まなければならないもんです。

先日ソニー不動産は、「不動産価格推定エンジン」という独自のアルゴリズムで不動産の成約価格を算出できる仕組みを開発しました。これは学習機能付きのシステムで毎週市場価格を調査しその都度更新、しかもその成約価格の推定精度は世界最高水準というものです。

この不動産価格推定エンジンはあくまでも業者向けのサービスですが、一般向けにもHOME'Sが「HOME'Sプライスマップ」という中古住宅の成約推定価格を算出するサービスを今月中にも関西圏から展開する予定になっています。

このように住宅の価値が見える化することで市場の活性化を目指すわけですが、既にアメリカでは、「Zillow」というサービスがネット上で稼働しており、一定の成果をあげているようなので、日本でも同様の効果が考えられます。

中古住宅への情報量が不動産業者と消費者の間でバランスが取れてくることで、不動産市場にありがちな情報の不均衡がなくなり、消費者もより購入しやすい環境になることが想定されていますが、この辺りは実際に動いてみてどうなるのか?という部分でもありますので、少し様子を見てみたいと思います。

いずれにしても皆さんにとって、中古住宅が少し身近なものになるということは業界の発展の為にも大切なことであると考えています。機会がありましたら、ご自宅の価値を調べてみてはいかがでしょうか?

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」
ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心の為に、日々商品開発を行っています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003
​電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 国土交通省が2017年1月1日現在の全国の建築物ストック統計を、8月31日に公表しました。
  2. 金融庁が金融機関と住宅メーカーに対して、急増するアパートローンに警鐘を行っています。
  3. 不動産テックという言葉をご存知でしょうか?金融分野のフィンテックに対抗して、不動産とITの融合...
  4. 先日国税庁から2016年の路線価が発表されました。
  5. イケア・ジャパンの新サービスである「IKEA Place」が10月16日から開始されてい...
  6. ここ数年、アウトドアが人気で、グランビングがグルキャンなどどんどん新しい楽しみ方が生まれていま...
  7. 日銀によるマイナス金利が導入され、住宅ローンにも様々な影響が出てきました。
  8. 既存住宅の活用、空き家の活用など中古住宅に対する様々なニーズや用途の洗い出しが国交省主導でどん...
  9. 2016年3月に閣議決定された新住生活基本計画での目標である「住宅の確保に特に配慮を要するもの...
  10. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...