現場レポート&ニュース

アマゾンが不動産業界に本格参入してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンの「リフォームストア」が誕生しました。既にニュースにもなっているので、知っている人も多いかもしれませんが、アマゾンが本格参入してきました。

アマゾンというプラットフォームが持っている可能性、それが不動産業界にも波及してきたわけです。これを好機と捉えるか、ピンチと捉えるか?業界内でも様々な意見があるところではありますが、変化が起こるということは間違いありません。

変化が起こることで、新たな隙間が生まれることも有るわけです。個人的にはこれはピンチではないと考えます。街の小さなリフォーム屋さんにとっては、大きな脅威で有ることは間違いないと思います。

様々な業界で大手の参入からの業界再編があったわけで、来るべくして来たのだなぁ〜というのが正直な感想です。積水ハウス・大和ハウス・ダスキンと出店側にも超大手が顔を揃えたわけで‥リフォーム市場の活性化がこれで加速度的に進む可能性もあります。

とすれば、価格だけではなく安心や信頼ということで、リフォームを受けうることも有るわけです。つまりは今までの仕事や人柄が評価され、新たな顧客を創出する可能性もあります。

ただし価格競争に巻き込まれる可能性が高いため、何を売りにしていくのか?それは大きな指針として、しっかり考えておく必要があります。

KEN NETWORKとしても、新しいことにチャレンジするその姿勢は共通するものがありますので、今回の参入を前向きに捉えているわけです。

先日もご紹介しましたが、篠原さんのライフプランセミナーまだ若干の空席があるようです。こういった機会にぜひご自身のライフプランを見なおして、今後の展開を考えてみてはいかがでしょうか?ライフプランセミナーの詳細は→ttp://ken-network.co.jp/semi-fp/ 終了しました。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新築でマションを購入したいとお考えの方も多いと思います。
  2. 今月になって2社ものシェアハウスを運営する会社の倒産や賃料の支払停止が起こっているのを知ってい...
  3. 政府が行った2016年第二次補正予算の閣議決定に住宅関連の補正予算が盛り込まれることが決定しま...
  4. 現在行われている民泊サービスのルール作りを行っている政府の専門家会議では民泊の営業日数制限を行...
  5. 賃貸併用住宅という言葉をご存知でしょうか?一言で言えば、ご自宅を建てる際に賃貸部分と居住部分を...
  6. 不動産見積もりサイトの「スマイスター」を利用した20代以上の全国の男女に行った不動産業者に対す...
  7. 政府は10月25日の閣議で国家戦略特区内の民泊について、最低宿泊日数を「6泊7日以上」から「2...
  8. 新潟県新潟市の大和不動産が国内初の木造5階建て賃貸の上棟見学会を開催。
  9. 国土交通省がまとめた資料である「16年度住宅市場動向調査」によって、新築マンション購入時に、中...
  10. 民泊仲介サイトでも世界最王手のAirbnb(エアビーアンドビー)に対して、公正取引委員会が立ち...