現場レポート&ニュース

日本工業新聞で取材を受けた時の新聞が出てきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本工業新聞 取材 ラーメンフレーム

実はKEN NETWORKのラーメンフレームですが、平成16年に日本工業新聞の取材を受けていたのです。既に10年以上前の話ですね。書類を整理していたら、当時の記事が出てきましたので、ぜひご一読下さい。 

反響は凄く、この記事の掲載後はラーメンフレームの注文が止まらずに、工場もフル稼働状態が続きました。

ラーメンフレームがどれだけ必要とされているのかを非常に体感できた瞬間でもありました。その後も順調にラーメンフレームの注文を受けていますが、最近ふと思うことがあるのです。

もしかして、最近の現場の皆さんって、KEN NETWORKのラーメンフレームの存在を知らないのでは?若い方に会ってラーメンフレームの話をすると、案外知らない方が多いのです。私どものアピールの問題もありますが‥これは非常に勿体無いと思います。

なぜそう言い切れるのか?

設計の自由度も上がり、施主の負担も鉄骨に比べ下がり、ラーメンフレーム1本からの納品も可能で、様々なニーズに答えられる商品なのに‥

その存在を知らなければ、誰も提案できないんですよね。そこは私も反省すべきところですね。なので最近は、ラーメンフレームの事を全面に出して、皆さんにも紹介するようにしています。

住宅のニーズが変わっていくことがわかっていますし、様々なリフォームに耐えられる設計をすることが、お客様に喜ばれる一つの方法だと考えています。

その一つがラーメンフレームだと個人的に考えています。設計段階で、パーツとしてラーメンフレームを組み込めば、それだけで自由度がかなり広がります。

大手さんの様に決まった工法で施工する必要もありませんので、様々な面での使い勝手が良いんです。少し自画自賛の様に聞こえるかもしれませんが、ラーメンフレームはKEN NETWORKのイチオシ商品ですので、
そこはご理解ください。

当時描いていた景色と現在の状況は若干違いますが、今後はどんどん周りをKEN NETWORKに巻き込んでいきますので、楽しみにして下さい。

********発信者情報********

一級建築士事務所 株式会社 賢 大阪府知事登録(ハ)第19927号
特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」 実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」

ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

*********************

関連記事

ピックアップ記事

  1. 国土交通省が6月末に行われた国土交通相の諮問機関・国土審議会でまとめた、空き家バンクの一元化に...
  2. 全国の空き家率は年々上昇し、平成25年は全国平均で13.5%まで上昇し、過去20年で約2倍も空...
  3. 木造建築のシェルターが開発した木質耐火部材が、日本初の3時間耐火の国土交通相認定を受けたと発表...
  4. 東京都といえば、持ち家率が低い都道府県として有名で、総務局統計局が行った「平成25年住宅・土地...
  5. 公的賃貸住宅の供給が不足していることで、国交省では空き家や空き室を活用した公的賃貸の充実を目指...
  6. アマゾンの「リフォームストア」が誕生しました。
  7. 毎月12日はわんにゃんの日にちなんで行われたペットの飼育状況、不動産の見積り比較サイトである「...
  8. 不動産業者が契約済の物件や架空物件の情報を掲載している「ネットおとり広告」が相変わらず横行して...
  9. KEN NETWORK ラーメンフレーム 木造 門型
    KEN NETWORKの代表的な商品の一つが、「木造門型ラーメンフレーム」です。
  10. 現在の日本の中住宅音市場での流通量は15%と非常に低く、政府目標は2020年に30%まで引き上...