現場レポート&ニュース

住友林業のW350計画で木造超高層建築が話題に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前から木造高層住宅に関する情報をお伝えしてきましたが、先日住友林業さんがW350計画を発表し、木造超高層建築物が実現する可能性もでてきました。

ただ個人的には現段階ではあくまでも350周年と350mという語呂合わせて的な部分もあり、実際に建築した場合でもW350計画通りには建たないのではと思っています。

しかし日本でも350mの建造物を木鋼ハイブリッド建築しようとする流れがでてきたのは、これは注目すべきところ。

木鋼ハイブリッドと言っても、9割が木材なので非常に多くの材木が材料として必要になり、なかなか材料の確保や工法の確立などの課題があることが明確になっています。

ちなみに建築予算は試算で6000億円と超高額で一般的な工法で建築した場合の約2倍になることがわかっている状況。

いくら住友林業といえども、ここまで高額な投資を話題作りだけの為に実施するのは難しいでしょう。

ただ、今後新たな技術開発などを行うことでコストダウンを進め、経済的にも実現性を高める方針でいるようですので、まずはやはり話題作りの一環だと考えた方が良いかもしれませんね。

ちなみに世界に目を向けると

  • ロンドンでは、80階建ての木造超高層ビル「オークウッド・タワー」が提案
  • スウェーデンのストックホルムでは、約130mの高さの居住用高層ビルの計画が進行中

ということもすでに話題になっている部分ですので、実際にどの国が最初に木造超高層建築物を建てつのかも非常に楽しみなところ。

ここは日本の技術力を集めて、世界一の木造超高層建築物を建ててほしいですよね。

ただ住友林業のW350計画も2041年が目標ですのでまだまだ先の話・・・このW350計画の発案者がその時にどれだけ社内に残っているのか・・・

そういった視点で考えてしまうと、専用部署として発足したりしない限りは、どこかで頓挫してしまう可能性もゼロではありません。

やはりまずは、木造高層住宅を先に建ててそこで技術力を高めたり、実際にどんなメリットやデメリットが発生するのかをチェックすることが優先事項なのかもしれませんね。

***********発信者情報***********

一級建築士事務所 株式会社 賢
大阪府知事登録(ハ)第19927号

特許 第4000452号       「引っ張り雇いほぞ」
実用新案 登録2003-271641 「木造門型ラーメン」


ラーメン門型フレームと言えば、株式会社 賢です。
皆様の安心のために、日々より良い商品を開発しています。

〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目11-13-1003

電話番号:06-6120-2080
Eメール:info@ken-network.co.jp
担当:西窪

***************************

関連記事

ピックアップ記事

  1. ついに東京都大田区の民泊解禁が認可されました。
  2. やはりこういう展開になりました。
  3. 省エネ住宅ポイントとは、自から居住することを目的として、エコ住宅を新築される方とエコリフォーム...
  4. ZEH住宅を建築することで、どの程度のランニングコストが変わるのかを資産してみました。
  5. これまでの住宅に求められていた家族を守る基本性能に新たに追加されたのが、天災や近隣諸国の脅威か...
  6. 毎月12日はわんにゃんの日にちなんで行われたペットの飼育状況、不動産の見積り比較サイトである「...
  7. フラット50にしか設定されていなかったアシューマブルローンが、フラット35でも今年の4月より...
  8. 中高層建築市場と言えば、地方などでもかなり需要の多い建築物で、商業施設と居住スペースを組み合わ...
  9. 2010年施行の、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を活用する為に、地域の工務店...
  10. 毎年行われている「住んでみたい街ランキング」の本年度の集計結果が出ました。